2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ナンをお願いします
空腹で下北沢駅を下車。
と、なると行き先はマジスパか「心」か。

しかし今日は電車を降りる前から目当ては決めてあった。

ナン・ステーション」は北口を出ると右側に広がる、狭い路地にたくさんの店がひしめく「ザ・下北沢」とでもいうべき一帯の中にある。

オレンジを基調にしたこぎれいな外装に、店長自らがモデルを務めているらしい、おすすめ商品を紹介する垂れ幕(今風にいうとタペストリ?)が下がる。
一見してカレーの店には見えない。

店の存在は以前から知っていながらこれまで入ってみることがなかったのは、店の外観のためか目がカレーの店とどうしても受け止められなかったことがひとつの理由。

もうひとつ、あるブログでこの店がやけに持ち上げられていることが原因かもしれない。
そのブログ主さんはぼくの知る店についても何軒か感想を書かれているのだが、それを拝見するに僕の感覚とはちょっとずれがあるよう。
そこで高評価を得ているこの店と自分との相性は果たしてどうかも心配になるというもの。

そんなわけで入りそびれていたこの店だが、日曜日に下北沢を歩き回った際になんとなく店の外観を写真に収めてしまった。
そうなると次は食べてみるしかあるまい、と思ったのだが、意外に早くその日はきた、という次第。

店内に入るとファストフード風の、先会計のカウンタがある。
にこやかな女性店員さんに、カレーの種類とナン(数種類あり)/ご飯の別、飲み物を選択するよう促された。
どうやら、基本的にセットメニューの利用を予期しているらしい。
セットといっても680円だから、質、量次第だがかなり手ごろな価格という気はする。

先にアイスシナモンチャイだけを渡されて一旦外に出、テラス席経由で室内の禁煙席に移った。
この一階の禁煙席は二人がけのテーブルが8卓ほど。テラス席込みだと26席か28席とのことで、二階にそれとほぼ同規模の喫煙席があるとなると、外観からは想像し難い、広めの店舗だ。

チャイの容器は透明プラスチック製。完全にファストフード店の乗り。
マトンカレー
極太ストローは、中華系の店で見かけるタピオカ入りアイスティー用の、大粒のタピオカがそのまま吸い込める直径のもの。
おもしろいのは使い捨てのスプーンが木製だったこと。

あとから運ばれてきたマトンカレーもプラスチック容器入り。ちょっと量は少ないか。

ナンその代わりナンは男性の手のひら位はあるサイズに切り分けられたものが5枚くらい。こちらは十分な量だ。

味は思っていたよりおいしかった。
辛い方向は強くないが、ちゃんとスパイスが効いて香りや風味を楽しめる。
カレーの分量の少なさは、単品でもう一つ注文することで解消できそう。

気安く利用できる価格と、まだ控えめな混みあいは食後にくつろぐにもよさそう。
また行ってみよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
■サイズ全体:直径87×高さ72cm■カラー:ホワイト■材質:ポリプロピレン■パラソル挿入口:直径4cm■重量:約6kg※画面上のカラーはブラウザや設定により、実物とは異なる場合がございます。あらかじめご了承の上ご注文ください。※お届け日については、ご注文確認後に当
2007/08/23(木) 13:12:24 | めぐみの部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。