FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
なかなか
用があって久しぶりに新橋の駅で降りた。

早めについたのでに、いい機会だと複雑怪奇な地下街をぶらぶらしてみた。
しおサイトを示すぴかぴかの行先案内板やまだ新しいゆりかもめの駅と、古めかしい手書きレタリング風の街路表示や古めかしい店舗群が渾然となった空間で、「カリカル」なるカウンターのみのカレー屋をみつけた。

外に掲げられたメニューをみると、気軽なスタンド形式の飲食店よりはいささか高目の値段設定。
ナンにサモサまで扱っていて、酒はビールにワインと品揃えがいい。
メニューだけみるとゆっくり粘って食事からそのまま飲むことまで楽しむのによさそうな店。

お手並みを拝見しようと、カレー2種のセットを注文してみた。
「インドカレー」「チキンカレー」を選んだところ、「どちらも鶏肉なので具が同じになってしまいますよ」と店員さん。
インドカレーは具などの選択肢はなくチキン一種類のみ。
インドカレーではないほう(?)は、いくつもの具から選べるらしい。

「インド」+「ポーク」にしてもらうと平皿につけあわせの福神漬けがついたごはんが最初に出てきた。
インド+ポークカレー続いてカレーの登場。ふたつの円筒形の金属容器に盛られて出てきた。
「インドカレー」はクローブの強さが際だつさらさらのカレー。辛さ指定のない店にしては、スパイスが効いていて侮れない味。
「ポークカレー」は、野菜も何種か入って具だくさん。
ソース自体は「和風カレー」とはいいがたいこれまたさらさらのカレー。独特の甘い風味のスパイスが印象的だ。

残念なのはインドカレーが一種類のみであること。

具で選べるカレーが、それぞれソースから味が違うなら一通り制覇してみたい気も。

お会計1,200円也は、落ち着かないカウンタ席であることと、分量を考えるといささか高目。
しかし、「創業1958年」はだてじゃないなかなかの味でした。
*----
調べてみたところによるとインドカレーではないほうは「和風カレー」ではなく「欧風カレー」とのこと。
色々具はあるけど、「欧風カレー」は基本的にどれも同じソースだというから、あの独特の甘さのカレーをスープポット一杯分食べると、途中で慣れるのか、ちょっと辛(つら)くなるのかは実際に試さないと微妙なところ。
(追記2005.4.6 20:30)

*----
(画像追加2005.4.7 12:21)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック