FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
カレー視察に随行 - 3)クンメー編
師匠の二泊三日の東京滞在の最終日。
3時に新宿で待ち合わせをしたが、さてどこに行こう。

今日は建国記念日。つまりは祝日。
なぜかカレー店は休みのところが多い。
カレーはデートコース、家族団欒の場としては似つかわしくないということか。

4時半までに品川に荷物を取りに寄ってから空港に向かうという師匠に合わせ、新大久保近辺で店を見つけることにした。

目当てはカレー専門店ではなく、東南アジア系の料理店。コリアンタウンと呼ばれるこの界隈だが、実際には、各国料理の店が雑然と軒を連ねている。

まずはマレーシア料理の「マハティール」へ。
大久保通り沿いのビルの階段を下りてすぐの入り口には「準備中」の札がかかっている。
どうやら、休日でもランチタイム営業があり、その後は夜まで休憩らしい。

それならと「クンメー」へ。
ここはタイ料理の店。

20050502_1s.jpg師匠はカレーメニューから一つを注文。
かなりの量だ。
(豚のゲンパーかな/2005.2.15 18:00)







20050502_2s.jpg僕はレッドカレーのほかに、海鮮系の炒め物料理とご飯がひとつになったプレートをもう一つ。

そもそもタイ料理に「カレー」という名前をつけるのは日本人の勝手な都合だとは言え、「レッドカレー」「イエローカレー」はなるほどとは思うけど、師匠の頼んだ料理もカレーなの?
それなら、このプレートもカレーと呼べなくはないのでは。
高田馬場の夢民あたりで出てきそうなんだけど(味ではなくて見かけが)。

ここは巷の評判も結構いいタイ料理店らしいが、そう数多くの店を食べ比べたことがない僕には他店にはない特徴などを実感するまでには至らず。
ただ、香味野菜やココナッツミルクの使い方など、「タイ料理」という料理の様式自体が口に合うのだと思う。どの料理もおいしかった。


新大久保で電車に乗り、新宿で彼女を電車に残して見送った。

師匠、不肖の弟子による案内には至らないところも多々ありましたがおたのしみいただけましたでしょうか。
また、義理チョコもありがとうございます。おかげさまで今年は早々とバレンタイン戦線の完封負けを回避することができました。
...ロイズのチョコの方は早速おいしくいただいたけど、「ジンギスカンキャラメル」は手が出せないでいるよ。そのうち友達に犠牲..、ぢゃなくて味見してもらう予定。
ま、そのときに僕も一粒くらいは食べてみます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック