FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
マジックスパイス
今年になってからカレー店めぐりの頻度が落ちているような気がする。

いや、ここのところはこのblog開設に合わせ、写真撮影にかこつけてばたばたと何軒かめぐっているけど。
(これがまったく苦じゃなくて。逆に、こんなに長い間スパイスの乏しい生活をよく続けていられたものだとわれながら感心)

20050205_1s.jpgそんなわけで、二月にして今年初めてのマジックスパイス下北沢店。

あらかじめ作成した店舗の紹介には、まだ改装途中の地味な外観の写真を使ってみたが、もちろん今回の訪問では赤く変貌した例のど派手な外観を携帯のカメラに収めてきた。

店を構える前、都内各地のデパートの北海道物産展を舞台に「巡業」を続けていた頃からこの店に通い続けていた僕としては、東京に支店が出来るという話をきいたときは当然大喜びした。
(新店舗の住所が発表されたら、まだ開店しないうちに下見に行って写真まで撮ってくるほど++;)

下北沢が地元の知人に「今度お気に入りの店が下北沢に開店することになったんだ」と話したところ、「あの場所は、入った店入った店がみんな討ち死にして早々に撤退していることで有名な場所なんだよ」と不吉な情報を教えてくれた。
それを聞いて、店に閑古鳥が鳴いて閉店ということになっては大変と、せっせと友達を連れていったのが今となっては懐かしい。

20050205_1s.jpg写真のカレーは、ポーク角煮の虚空。
他店も含めてカレー店めぐりを頻繁にしている時期は、辛さに鈍感になって、虚空の200本ばかり頼んでいたが、今回は控えめにしてみた。

まず、メインの具である豚角煮をスプーンですくい上げてみる。
角煮の色が赤くないのにびっくり。
今まで見慣れた赤い肉の色は、煮込んだときの醤油の色だと思っていたのだが、どうやらスパイスが付着していたものだったらしい。

そんな発見もしつつ(...)、久しぶりの味を楽しんだ。

辛さに耐性がある時期は、この辛さではきっと物足りないだろうと思う。
でも、そういうときにもっと上の辛さを注文して食べるときよりも、控えめの辛さで食べた今回のほうが辛さ以外のスパイスの風味や、スープ自体の味が感じられておいしいような気がした。

今年は、辛さ控えめで行こうかな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック