FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
通いそう
昨日も例によって東急バス一日乗車券であちこちへ。
沿線にはスープカレー屋さんがいくつもあるが、これといって再訪したい店も思いつかず、改めて未訪店の所在地を確認。

どうやら、目黒のキャンディストリートなら、目黒駅~権之助坂~大鳥神社あたりの停留所から徒歩圏内ということで目標に定めた。

この店は、好意的な評価を多く耳にしていて以前から興味があったものの、数年前に横浜、関内の本店に行った経験がありながらあまりいい印象がなかったという古い経験が邪魔をして行きそびれていた。

果たして目黒店との相性は如何に...。
夕方4時過ぎに到着。
よく目立つ看板のおかげですぐ店は見つかったが、残念ながら準備中。
すぐ近くのフレッシュネスバーガーには「禁煙席はないよ」と振られ、BLDY でしばし待機。
店頭のメニューや置き看板に営業時間の表記は見つけられなかったが、携帯で調べて夜の営業は5時半かららしいことを確認。6時少し前に再び行ってみた。

どうやらスープカレーはチキンカレー一種類のみ。他にもさまざまな具材のカレーがあるもののそれはスープカレーではないらしい。
ほかにもスリランカ料理のおつまみメニューが数多く。

スープカレーは、ベースが「和風」「トマト」の二種類があるとのことなので後者を選択。

しばらくして出てきたカレーは、別調理の大振り野菜とチキンレッグという「記号」を外さず実現していることと、たっぷりのスープを見て、食べる前から期待が持てた。
KandyStreet目黒店、カレー

野菜に細かく包丁を入れて出すマジスパのような店や、骨なしのローストしたチキンを使うおいしいスープカレー屋さんもあるわけで、それ自体は当然悪いことではない。
ただ、ことアジア系料理店に限っては、えてして元から扱っているカレー(類似)の既存メニューに中途半端に手を加えて「スープカレーでござい」と出してくることが多くて、がっかりさせられることがある。
その点、この店の「スープカレー」は、形から入っていることが、そんな不安を和らげてくれる。

ただ、こげ茶色のこのスープ、トマトベースとはにわかには思えなかった。
実際食べてみても、トマトの酸味は特に感じらず、むしろ「和風スープ」と言われたほうが納得する味。

...と、想像に反するものではあったものの、おいしくなかったということではない。
突出するスパイスの刺激はないから、いつも辛さを追求しがちなぼくなら物足りなさを感じそうなところだが、そんなことはなく一杯のカレーを最後まで満足して食べられた。
スープの出汁の旨みと、辛くないようでも知らないうちに発汗を促されるような、尖っていないスパイスの調合の妙なのだろうか。

辛さを調節するためのもの、と説明を受けた別添えのペーストも投入してみたが、これにしてもそのまま舐めても平気なほどの控えめな辛さ。
とにかく、穏やかな味わいなのに、物足りなさは感じずに最後まで食べることができた。これが 850円という手ごろな価格というのだから文句はない。

会計の際、確認してみたが、出されたのはやはりトマト味で間違いがなかったらしい。
ならば、今度は和風を試してみないと...。
と、久しぶりに外に出る前から再訪を楽しみする店に出会えた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。