FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ピカンティ×ヴォイジュ@冬の大北海道展.伊勢丹新宿店
11:55 到着。
イートイン店内はすでに満員。でも順番待ちの先客は一人だけ。すぐ入れそう。
「マサラロード1584」=ヴォイジュの食券を買うとすぐ席が空いて中に入れた。

ホールの店員さんと厨房の間で、「ヴォイジュ3、お願いします!」「ピカンティ2、出ます!」などという声が飛び交う。
「カレーじゃなくて店を食べさせるのか」と突っ込みたくなった。

わずか5分ほど待つ間に、入店待ちの行列は一気に長く。
他のイートインの中には、12時前に催事場についた時点ですでに長い行列になっているところもあった。
主婦ばかりではなく、どう見てもサラリーマン、OL 風の人たちも列を作っている。
彼らの昼休みは何時に始まるんだろう、と余計なことを考えているうちに料理が登場。
「伊勢丹大北海道展」ヴォイジュ×ピカンティ、カレー(ヴォイジュ)

まずはそのまま一口。
...あ、これ、うまい。

スパイスが香りと甘、酸、苦といった味覚の両面で刺激してくれる。その上スープもさらさらなのにこくがある。
辛さ指定もトッピングも(でき)ない状態なのに物足りなさをまったく感じない。

でも卓上に唐辛子が備え付けられていたので投入。
「伊勢丹大北海道展」ヴォイジュ×ピカンティ、卓上

辛くしても味が壊れないので、これまたうまい。

具はうずらの卵に大根に、にんじんに...。
それよりもなによりも、今回はとにかくスープが印象に残った。

イートインでたべるスープカレーでこれだけ楽しめたのは久しぶり。
ただし、量的にはもうちょっとほしかったけど。


期間中にまた来たいけど、前回のピカンティの「森羅万象」は、特別に強い印象はもたなかったし、つぎも「マサラロード」かな。
...ピカンティのスープの名前は「近未来系一曼陀羅Q」。前回とは違うやつなんだ。
やっぱり、こっちも試してみないと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。