FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
再び「バスツアー」
カレー店巡り用の路線図を作り直したら、その出来映えを確認したくなって再び「バスツアー」をしてしまった。

路線図の検証に関しては主だった問題を二点発見。

ひとつは、実際に訪ねた「心」渋谷店の最寄り停留所の件。
「道玄坂上」は、渋谷駅に向かうバスの場合は確かに最寄り停留所といえるが、渋谷駅発の場合かなり遠い位置にあった。
これだと、渋谷駅から直接歩いたほうが近いはず。

もう一つは、「二子玉川」停留所付近にある「ベジーヤ」を失念していたこと。
これは、図を眺めているうちに突然気づいた。
訪問したうちの一店は、前記のとおり渋谷の「心」。
夕方4時過ぎという時間にもかかわらず、殆どの席が埋まっている。
カウンター席もひとつおきにお客さんが座っていて、あの中に割り込むのはかなり窮屈だな、と思っていると、店員さんに「よろしければ」、と数少ないテーブルの空席を勧めてもらい一安心。

注文は久しぶりの「納豆とオクラのスープカレー」。
トッピングは、いつも通りチキンレッグといきたいところを、次の店のことを考えて粗挽きソーセージ。
「心」渋谷店、カレー

先客がたくさんいることもあって、結構待って出て来た料理を早速食べた。
火を通した納豆はなぜこんなにうまいんだろう。何でカレーと合うんだろう。

...ん、待てよ。
カレー皿が深いボウル状のものなのはなぜなんだ?
カレーの「はしご」を念頭に、本体のカレーもトッピングも「かさ」の少ないものを注文したから、浅いカレー皿になるはずなのに。

伝票を見るとスープが大盛りになっていた。

テーブル席を勧めてくれた店員さんが通りがかったので訊ねてみると、「あ、お客様にはいつも大盛りをご注文いただいていると記憶しておりましたので。こちらのミスですのでその分はサービスにさせていただきます」との返答が。
ありがたくお言葉に甘えさせてもらった。

スープの大盛りこそ頼んだことはないが、トッピングとの組み合わせでいつもボウル状の皿になる注文をしていたのは確か。
それにしても、こちらの店舗にはそうそう来ていないのに、顔はともかく注文の傾向まで覚えられていたとは。

下北沢の店でも、ミスすら好印象につなげる、こういう接客をしてくれるといいのだが。


次に向かったのは、「吉葉」。
「等々力操車場-東京駅南口」路線の「日比谷」停留所から十分徒歩圏内のはず。

バスを乗り継ぎ、ライトアップされた東京タワーを真下から見上げる絶好の構図を目にするなど、車窓の景色を楽しみつつ到着。
「日比谷」停留所で降りて店に向かうが、付近まで来たはずなのにどうしても見当たらない。

やっと見つけたのが、ビルの中の引っ込んだところにあるこの張り紙。
「吉葉」店頭

六時半すぎ、本来の閉店にはまだ二時間を残して品切れ、店じまいとなったらしい。

そういえば、前は見かけた「スープカレー」ののぼりが今回はみあたらなかった。
黒板になっている置き看板を見ても、以前とは違い「元ぽえむ」との注釈や「スープカレー」の文字が見当たらない。
「吉葉」看板

看板にくくられた、持ち帰り用のちらしを手にとって見た。
ホチキスでちらしに綴じられた名刺に「元ぽえむ」の表記こそあったが、「スープカレー」の文字は一切なくなっている。
もともと、スープカレーと称していることにはちょっと違和感を感じたこの店のカレーだったが、店のほうでも既にそう名乗ることは止めたのかもしれない。

ブームは去った、かな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。