FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
三が日でスープカレー1.5食
新年を迎えてもまだ餅すら食べていないのに、すでにスープカレーと名のつくものは二度食べてしまった。
餅は、休日明けのマジスパでトッピングとして食べるのが最初になりそう?

●和民「札幌スープカレーチャーハン」
表題で「1.5食」とか、「スープカレーと『名のつくもの』」などと書いた原因はこれ。
昨年12月にも、同店の期間限定メニューとして提供されているらしいことを簡単に書いたこのメニュー。
おせちに飽きたわけでもないのに、元日の夜から居酒屋で腹ごしらえもいかがなものか、と思いつつ行った同店で注文。
和民「札幌スープカレーチャーハン」


結論。
まったくスープカレーではなかった。
簡単にいうと、半球状に盛ったカレーチャーハンにかける「あん」としてのカレーソースを「スープカレー」とこじつけているだけのもの。
具はみじん切りの野菜の溶け残り風のわずかな固形物がわずかに残るだけだし、ターメリックの黄色が目立つほかはスパイスの風味はほとんどなし。
「あん」だけあって、片栗粉でつけられたと思われる意識的なとろみがあるのに至っては、どうみてもスープカレーではない。
チャーハン側に、えび、貝などの海産物が結構入っていて、全体として、居酒屋の500円前後の料理としては質、量ともに及第点。
「スープカレー」と名乗りさえしなければ、気が向いたらまた頼んでもいいけど、こんな名前をつけられたら逆に注文がはばかられる。まあ、すぐなくなるメニューだろうからそんなことで悩む必要はないけれど。

●ベジーヤ「チキンベジタブルスープカレー」
下北沢店に昨二日再訪。
こちらも夜の訪問。先客も数組居て、正月々々した食事に興味のない人は意外に多いのだなと実感。

「鮭ハラスの云々」など限定メニューもあったが、しっかりした具となるとやはりチキン。追加のトッピングをメニューから見つけるのも面倒かなと思って、「チキンベジタブル」のほうにしてみた。
辛さは10辛にしてみた。メニューには「7辛以上もできます」とあるので頼めばもっと上でも可能なはず。

間をおかず二度食べたせいか、先日の投稿でも書いた酸味が特徴のこの店のスープの味は一日おいた今でもはっきり思い出せるくらい覚えてしまった。
ちなみにこれまでよりかなり上の10辛という辛さを注文したということは、食べていてもほとんど感じられなかった。

それよりも気になったのはスープの量。
ぼくの好きな、半球状のどんぶり型スープ皿が使われているのはいいのだが、具沢山のメニューを頼んだのにスープの「水位」が他のメニュー並みに低い。
もしかしたら「スープの量は何cc」とは決めておらず、具が多いと逆に量を減らして「水位」を一定にしている?
具の控えめなメニューのときでも、ちょっとスープが少ないな、と思えるくらいなので、もしそうなら、その方針については是非再考を願いたいところ。


今日の接客は、前回のバイト店員さんではなく、男性の社員と思われる店員さんだったが、こちらも丁寧さと親しみやすさがほどよい好感の持てる接客だった。

下北沢で「マジスパ混んでそうだな」あるいは「今日はマジスパの気分じゃないな」というときのスープカレー店の第二候補はこれからはこちらになりそう。


さて今年はあと何回おいしいものが食べられるだろうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。