FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
時すでに遅し
最近渋谷づいている。

ということで、昨日訪問したのは渋谷警察署そばの「晴之日」。

スープカレーもあるカレー専門店だったはず、ということ以外の情報が記憶にほとんどない状態で到着。
「コ」の字が若干変形した形のカウンター席のみの店内の一番奥のほうに陣取った。
あとで気がついたが、入り口そばが禁煙席、奥が喫煙席と分かれていて、食事中、隣席から流れてくる煙に大いに悩まされることになった。
もちろん、これは自分の落ち度。

着席後、卓上のメニューを開くがスープカレーは見当たらない。
すでに提供終了?
情報を仕入れたときに、期間限定メニューだったのを見逃した?

やむを得ず、数あるメニューから見繕ったのは「地鶏のソテーと完熟トマトのチーズカレー」。
ご飯を大盛り、辛さを「6倍」(普通、2,4,6倍の4段階の中から)で注文した。

待っている間、店内を見渡すと、壁に貼り出された手書きのメニューに「和風スープカレー - 鯖の竜田揚げ付き」なるものを発見。
文字通り「時すでに遅し」。
再訪の時のために、14時以降提供ということは憶えておかないと。

「晴之日」のカレーポテトサラダ、らっきょうと福神漬けの小皿、スプーンとフォークがセットされた盆だけが先に出てきて、カウンター越しに受け取ったカレーは自分でその上に置くという、ちょっと不思議な給仕をされた。

店の設定では一番上の「6倍」ながら、それほど極端な辛さではない。
それよりも、チャツネか何かが入っているためと思われる甘さが強く感じられる。
これは、もう少し控えめのほうがぼくの好みには合うのだが、最近食べるカレーとは違う、ある種懐かしい味覚とも感じさせられた。

メニューに謳われた、三つの具はなかなかおいしい。

食感が軟らかすぎず、硬すぎずの鶏肉。
トマトは、ソース自体にはあまり強くは感じないが、融け残った固形部分を口にすると味に変化があっていい。
チーズはいわゆる「トッピング」ではなく、ソースの中によく絡んでいた。

実は、好みとは違う味だったのだが、丁寧に作られた料理という印象を持った。

ただ、場所柄、サラリーマンなどが毎日でも気軽に利用しそうな店という雰囲気の割に、値段がちょっと高めのような気もする。

ちなみに前記のカレーは、大盛り100円割り増し込みで、980円。
ランチタイムなどは、もう少しお値打ちのメニューもあるのだろうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。