FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
告白
とんでもなく馬鹿なことをやっていた。
しかも、いままで約4か月間ずっと気づかないまま、何度も繰り返して。

ここに投稿する記事に添付する画像は、最初のころはデジカメで撮影したものに、トリミングや画素数の変更、色補正など手を加えていた。
それが、撮った写真をそのまま放り込むだけになってきたのが、この7月頃から。

それのどこが問題かというと、画像に埋め込まれた EXIF 情報が残っていること。
カメラの機種から撮影時刻、撮影条件にいたるまで諸々の詳細情報をさらしていたことになる。

別に、ほとんどの撮影で携帯のカメラを使っていることなどは秘密でもなんでもないが、自動補正でいつも正確な内蔵時計を基に、撮影時刻の情報が書き込まれるのは精神衛生上よくない。

「今日は、少し遅い昼食を食べた」と書いた横の料理の画像に埋め込まれた情報が「撮影時刻:14:27:36」となっていても人は気にしないだろうが、本人としてはそこまで細かく行動記録を発表する気はない。
たとえばもう一枚、食後のコーヒーの写真の横に空の食器が写った画像があって、「撮影時刻:14:32:10」となっていたら、ぼくは早飯喰らいぶりを自ら世界中に告白したことになる。

もし「ここは誰にも教えたくない隠れ家的レストラン」とか書きながら、GPS情報を埋め込んでいたのを忘れて料理の接写写真を公開してたらこれ以上滑稽なことはない。
...さすがにそこまではしていなかったが。


それに気がついた今日、アップロード済みの画像から EXIF 情報などをすべて抜き取る作業を敢行。
「文化の日に、文明に振り回されるわが身を発見?」とか思いながら。

ともあれ、無事作業完了したので、恥を忍んで告白した次第。


ちなみに、画像を加工していたころは、使っているソフトウェアが EXIF 情報を勝手に取り去っていたけど、最近使い始めた Picasa は、画像にどんな効果をかけようと、トリミングしようと、加工後のファイルに EXIF データを引き継いでくれてしまう。

こちらをお使いの方々はご注意のほどを。

これを機に、よそ様の blog の画像をいくつか確認してみたけど、こんな初歩的ミスを犯しているのは決してぼくばかりじゃなかったから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自分の場合は・・・
あまり気にしてません(笑)
blogやMapで使っている分に関しては、
なんだかんだと加工してると言う事もありますが、
最近使っている某サービスでは堂々と出てしまっております。
まぁ、隠すモードもあるんですけどね。

いずれにせよ写真が増えてくると加工が面倒になりますねぇ。
どこにその辺の妥協点を見付けるかがポイントですね。
2005/11/07(月) 18:08:49 | URL | Air-Wind #Qp1og8Po[ 編集]
怪我の功名?
Air-Wind さんの場合のように、埋め込みデータが残っていることを把握しつつ公開していればよかったのですが。
撮影日時と投稿内容の間に矛盾があるようなことはなかったので、一応覗かれて困るようなデータではなかったはずです ^^

どちらかというと、うっかり晒していた自分のうかつさが一番ショックだったかもしれません。
「まずい、ばれた..」ではなく、「かっこわるっ!」という感じです。

でも、ひいきめか、再アップロードの際には若干の補正を加えた分少しは画像の見栄えはよくなったかも、です。
2005/11/08(火) 19:19:36 | URL | やどかり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。