FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ココナッツカリー制覇
久しぶりに「TOKYO SOUP CURRY 歌舞伎町style」に行ってみた。
(長い店名だ...)

前回訪問後も、店の前を通るたびにほぼ満席の繁盛ぶりを目にしていた。
今日もいつものように混んでいたが、店の外からひとつ、ふたつ開いているテーブルがあるのが見えたので、入ってみた。
「グリーンココナッツカリー」チキン
今日は「グリーンココナッツカリー」を注文。
辛さは過去二回同様、「鬼辛(=5辛)+デビルホットセット」。

今日は、前々回のように、ゆで卵の上にソースがかかってしまっていた。
縦に包丁が入ったゆで卵の断面の、白と黄色という彩りは見栄えにかなり貢献するはず。
もうひと手間かけて盛り付けてほしい。
ピーマン、にんじんなどの盛り付けについても同じ注文をつけたいところ。

ココナッツミルクを使う料理は、その量のためか、種類が影響するのか、店によってその印象ががらっと変わる。
甘すぎたり、くどかったりして口に合わないということがままあるが、このカレーでは適度に効いていた。

「スープ」度は「東京スープカリー」よりはあり、「トムヤムスープカリー」よりはとろみがある、中庸の粘度。

今回も具はチキンにした。
スープカレーはスプーンひとつで食べる、というがぼくの個人的な流儀だが、ここのチキンを捌くにはフォークは必須。
その上、最後には骨についた肉を食べるのに手まで使うことになってしまうのだが、でも嫌いではない。


前述のとおり、ここはいつ通りがかってもたくさんの客が入る繁盛店になったようなのは御同慶の至り。
なのだが、どの辺りが秘訣なのだろうと不思議に思わなくもない。

そういえば、この店の前に行列を作っているのを見かけたことはない。
特に遠くからここを目指し、並んでまで食べてやろうというような個性的な店ではないが、立地のよさもあって何気なく入ってくる客を集めているのだろう。

実際に利用してみたら悪くはない、また行ってみようという固定客も徐々につかんでのこの盛況というところか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。