FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
町の名士の作るカレー
昨日食べそびれたカレーを、今日ようやく食べてきた。

行ったのは、新宿二丁目にある「メゾフォルテ」。
中のつくりは商店街に普通にありそうなこじんまりしたスナック風。
「夜の営業とは別に、昼だけ食堂やってます、という感じのところ」といえば、少なくともサラリーマンには想像してもらえそうな雰囲気の店。
ただし、ここには生姜焼き定食も、焼き魚定食も見当たらない。
「スープカレー一本で勝負」らしい。

先月、2ch の某カレー系掲示板でこの店のことを初めて目にしたもののそのままになっていたが、最近 RSSリーダーに登録して定期的に巡回させてもらっているブログの記事を見て、俄然興味が湧き、「いってみよう」という気になった。
はたして、その味はいかに...
「メゾフォルテ」ドア上部のステッカー夜はゲイバーとして営業しているらしいこの店、入り口には「2丁目振興会」というステッカーが貼ってある。
「それってなに?」と気になって今調べてみると、実はマスターは界隈を束ねる(?)「新宿二丁目振興会会長」さんらしい。

注文してみたのは「大山地鶏チキンベジタブルカレー」。今週はトッピング一点サービスとのことで温泉卵を追加。辛さは20番。

まず最初にサラダ、次いでおかわり自由というご飯と、上にかけて食べてみてほしいという、細かく切って水にさらしたたまねぎが出てきた。

「メゾフォルテ」カレーそして最後にカレーが登場。

鶏はよくある「レッグ一本」ではなく、一口大のものが数個。
表面には軽く焼き色がついていて香ばしい。
だから、煮込んだだけの鶏にありがちの頼りない歯ごたえではなく、ぱりっとした食感も味わえる。
「でも分量的に物足りないかな」...そう思ったのだが、ここのトッピングはすべて100円という価格。その中には鶏肉もあるから、好みに応じて追加すれば問題なさそう。

野菜も火の通り加減が適度で、なかなかいい。
飾り切りされた茄子の具合などを見ても、料理が上手な人が丁寧に作ってることが感じ取れる。

肝心のカレーは、欧風カレー寄り、といえるのだろうか。若干とろみはあるものの十分スープの範ちゅう。
若干感じられる粒々は、みじん切りの玉ねぎだろうか。

特段突出したスパイスはないが、辛さも香りもバランスのよい味。
ただ、200円の値がつく「20番」の辛さは、個人的にはもう少し強くても、と思った。
でも、考えてみると昼限定営業ともなれば、見込まれる客層はは近隣の住人、勤め人ということで、辛さに関してそんな極端な需要はないのかもしれない。
それなら価格設定が100円だとお得感があるかな、といったところ。

廉価のトッピングをうまく組み合わせて、自分なりの注文をすれば、味、量、そして価格的にも満足できるものが食べられそう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック