FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
数百m単位の引越し
京王百貨店「大北海道店」催事場入口どうして東京のデパートの北海道関連の物産展は、どこも「『大』北海道展」なのかなぁ、と思いつつ、新宿京王百貨店で開催中の「大...」に足を運んだ。

もちろんお目当てはカレーの出店。

どこか札幌からスープカレー店がやってきている、ということだけは覚えていたものの、どの店なのかはわからないまま催事場に到着した。

「南家」出店店頭ぼくを出迎えてくれた店は「南家」。

なんだ、先週新宿高島屋に来ていた出店に行きそびれたこと、残念がる必要なかったんだ、と内心苦笑。

祭日の11時を優に回った時刻にもかかわらず、待ち時間はなく、すぐ入れた。もちろん、店内の席は八割方埋まってはいて、そこそこ繁盛中ではあった。

先日の Picante 同様、限定メニューでの営業。辛さの注文もできない。
それでも二つあるメニューのうち、チキンスープカレーを選び、食券を購入。

席に座って周りを見渡すと、マジスパや Picante のときとは違い、壁や卓上には、料理の解説や、食べ方の指南などの貼り紙、チラシといった情報の類は一切なし。
なにか潔ささえ感じつつ待つことしばし、注文の品が出てきた。

「チキンスープカレー」ん?

スープそのもののうまみはわかるものの、スパイスが伝わってこない。
これが店側が考える万人向けの辛さ?

でも、スパイスって辛さばかりでなく香りを含めた風味だと思うのだけど、それも含めてほとんど伝わってこない。

具のほうはといえば、チキンは可もなく不可もないといった味。むしろキャベツを筆頭にした野菜類が「スープカレーはごろごろ野菜だ」とこだわっていないながらも、分量、火の通しが程よく、悪くはないと思った。

いずれにしても今回の料理では、この店がどんなスパイスの調合具合で楽しませてくれるところなのかはまったくわからなかった。

印象に残ったのは、ご飯の大盛りがかなりたっぷりだったことと、その盛り付けのきれいさ。表には出てこない厨房の人たちの丁寧な仕事振りが想像できる。
一方、給仕、接客の店員諸氏は、百貨店側から出ているように見受けられたのだが、なかなか感じのいい接客ぶりであることが好印象だった。

おいしかったような、物足りなかったような、不思議な気分。
いずれにしても、スープカレーを食べた、という気にはなれないまま店をあとにした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。