FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
おとなの関係?
今夏はスープカレー、に限らずカレー全般がマスコミに取り上げられることが多いような気がする。
決して自分自身にとっての関心事であるための贔屓目ばかりではなさそうだ。

現在発売中の雑誌でも、「SPA」では「ポストスープカレーは」などという惹句つきでカレーが取り上げられている。

そして、これまた現在発売中の「おとなの週末」の特集記事は東京に於ける「スープカレー9大チェーン」の比較。

この雑誌は、店側におもねった提灯記事を廃すべく、取材対象とのタイアップはせず覆面取材を旨に作られている...、というイメージがあったのだが、今回の記事を見る限りでは、その辺に関していささか疑問を持たざるを得なかった。

味に関する評価がぼくの感想とは異なるのは、所詮個人の主観に関わる部分だから読み流せるとしても、料理の特徴や、接客の評価について、どうしても的を射ているとは思えない表現が散見されることに得心がいかず。

以下は、そんな疑問も含めたこの記事への感想なのだが、ぼくの読み方がうがちすぎなのだろうか。
(手元には雑誌がないので、記事の引用などには不正確な部分もある可能性も。明らかな読み違えなどがあれば訂正します)
「ガネー舎」は「東京で最初のスープカレー専門店」なんですか、「とんじ」ではなく。
ここでいう「東京」は23区限定で、国立は含めないということかな。
関東圏なら「らっきょ」もあるけど、どっちが古いんだろう。

「心」へのコメントで「レトルトを出したりしないでほしい」というのがあった。つまり「あちこち手を広げてレベルを落とすな」、すなわち「今の味、雰囲気がいい」という最大級の賛辞だ。
でも積極的な支店展開などが目立つここは、すでにスープカレー専門店の中ではもっとも野心的なチェーンと思える。
レトルトだけを「商売っ気」の有無の指標にするのはどうだろうか。

おなじく「心」についていえば、ぼくがここの弱点は従業員教育と思っていたことに反して、この記事では接客に関する評価がけっこう高いことにおどろいた。
ちなみに、この店はは前々月号でも単独で取り上げられているらしい。
ちょっと肩入れが過ぎる気がするのだが。

「ベジーヤ」のスープは、「粘度が高すぎてスープカレーとはいいがたい」というタイプだっただろうか。
最近もこの店には行っているのだが、そんなことはなかったのでは。

「TOKYO SOUP CURRY」の高田馬場店で、辛さ五段階のうちの上から二番目であまりの辛さに大変な目にあったそう。
歌舞伎町の新店とは全然違う印象なのだが、メニュー体系が違うのだろうか。

店舗によって辛さの注文が違いすぎる。
「SHANTi」では、メニュー上の最高値に40ボーガがあるのにたいし、注文は4ボーガ前後。
「マジックスパイス」では、中間の「涅槃」などを注文。
辛さの注文が勘所と思われるスープカレーなのに、こんな統一性のない注文で比較をしては公平な評価にはならないのでは。

「Spice Pierrot」はこの雑誌でも好意的な評価。
雑誌記事や商用のグルメサイトの評価以外の、利害関係がない blog 記事などでも、けっこう好意的な評価が聞かれるこの店。
初訪問の際にあまり満足できなかったぼくは、もう一度行って試してみたほうがいいのだろうか。
ただ、札幌の一号店は閉店したようで、現在は「札幌に本店があるスープカレー店」とはいえなくなってしまったよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。