FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
今度は100円狙い
センター街を渋谷駅側から入ってすぐのリトルスプーン
新宿でも見かける札幌発のカレーチェーンに昨夜、初めて入ってみた。

着席してメニューを手に取ったが、ふとテーブルに目をやると「渋谷センター街限定メニュー」と書かれた卓上メニューが目に入った。

卓上メニューそのメニューとは「激辛スープカレー」。










初訪問だけに定番メニューを試そうと思っていたが、こんなものを見かけてしまったのも何かの縁(?)、と迷わず注文。

調理に時間がかかるのか、あとから来た客のカレーが何人分か先に出るのを見ながら待たされる。
その間には、食べ方の指南を兼ねた「挑戦状」なる紙片が目前に置かれる演出。

しばらく待って出てきたカレーは...、まあこんなものか。

「激辛」チキンスープカレースープ自体はそう悪くない。
これといった特徴もなく印象に残らない味ながら、チェーン店のスープカレーというと思い出す、何年か前のココ壱で出していた、通常のカレーがそのまま薄まったようなものと比べれば無難にまとまっている。

ただ感心しないのは具。
鶏はおそらくレトルト。
それ以外の野菜の具も、たとえばじゃがいもはレトルトの「スープカリーの匠」そっくりの形状と食感。
かぼちゃも歯ごたえがない。
チェーン店の宿命かもしれないけど、これは残念なところ。

それよりも問題なのは、メニュー写真との乖離かもしれない。
具やスープの盛り付け、とくに分量が写真と実物では違いすぎ。

まずくはないんだけど、すごくおいしくもない。
そんな一品だった。

ちなみに辛さは、先客が同じものを大騒ぎして食べていた様子を見ると、「激辛」の看板に偽りはないレベルらしい。

帰りがけ、会計を済ませると、完食記念のカードもらった。
片面には「あっぱれ」との大書、もう片面には指を当てると変色する感熱フィルムが貼られた「ストレスチェックカード」なるもの。

このカレー、一日最初の10食に限っては100円での提供なのだとか。
100円なら文句なく何度でもいただきたいと思いますが...。

今回、午後9時の注文で一日限定30食にありつけたのだから、開店早々の午前11時に行けば、先着10食にはまにあいそう。

一度経験済みのぼくでも、100円での再食の権利はあるのでしょうか。
(2005.8.14 13:48画像追加)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。