FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
久々の再訪
今年初めての yellow company
以前の訪問時以降メニューが一新されたというのはうわさどおりだった。
それ以外に気づいたのは、意外に恵比寿駅から近かったことと、なかなかの繁盛ぶり。

詳細は後ほど。

いつかまた行ってみようと思っていたものの、ずいぶん間が開いての訪問となったのは先5日のこと。

恵比寿駅から店に向かったが、冒頭書いたように前回に比べてかなり駅から近く感じてびっくりした。
同じように EZナビウォークの誘導で向かったものの、たしかに誘導された道順は違っていたのだが。

夕食時ということもあってか、けっこう店はにぎわっていた。

メニューを見ると、やはり以前とは内容がかなり違う。
無難なところでチキンカレーを注文。

しばらくして、どんぶりとも普通のスープ皿とも違う、「耳」の部分が広い、特徴的な皿に盛られてカレーが登場。

yellowcompany、カレーチキンはよくある骨付きのものではなく、骨のない少し大きめなもも肉がひとつ。
その他の野菜も彩りよく盛り付けられている。

肝心のスープはトマトの酸味の利いたほとんどとろみのないもの。なかなかおいしい。
バジルがこれでもか、というくらい投入されていることが目を引いた。

辛さ10番はメニューの記載ほどには辛くないな、という印象だったが、スープに沈んだ柿の種大の赤、緑の唐辛子をつぶしていくとそれなりに辛く変身。

初回に食べたものは、いまひとつ好みに合わなかったこと以外、すでに味すらはっきり覚えていないのだが、今回はどこをとってもそつのない及第点の料理というのが食後の印象。
でも、どこかほかの店で食べたことのあるような、無個性な味とも。
(トマト系、揚げ春雨の飾りつけ、つぶして食べる唐辛子、バジル...、このあたりの「記号」が既視感の原因かも)
量がもう少しほしかったのは大食漢のたわごととしても、メニューを見る限りベースのスープが一種類になっていたことは残念。

近くにあればありがたい、何度も通いそうな店だが、敢えて遠くからこの店を目的に出かけるというタイプの店でもなさそう。
(2005.8.8 17:51追記)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今や一つのジャンルとして確立したスープカレー。そこでオススメなのがこのYELLOW COMPANY(イエローカンパニー)。北海道発のこのお店のカレーは、爽やかで具のエキスがたっぷりと詰め込まれていてレベルが高い。独特の食器が少し食べずらいようですが、白を基調とした清潔
2005/10/20(木) 19:44:24 | レストランのくちコミサイト 食べログ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。