FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
焼肉ビビンバ定食は「비빔밥」ではなかった
「めしや丼」というチェーンの定食屋さんで見かけたこのメニュー。

なんか変?!
なにが?
...あっ

の詳細は後ほど。
昨5日も東京は猛暑。直射日光の下、昼飯を摂る店を物色していたところ、定食屋さんの入り口に、大きな写真とともに「焼肉ビビンバ定食8日間限定お肉1.5倍増量」の文字が躍っていた。

何日か前、「牛角食堂」で一人ビビンバを黙々と混ぜながら食べていた女の子を見て、ひそかに「かっこいい~」と思っていたせいもあって、迷うことなくここに決定。

食券を購入して待つこと数分。
ビビンバ(?)定食出てきた料理を食べようと思って一瞬混乱。
濃く味付けされた肉が、ナムルやキムチと並んで盛り付けられた平たい皿と、ご飯が盛られた茶碗が別々になって出てきている。

?!

事態を把握するまでに要した時間は約5秒。

どうやら「めしや丼」の商品開発部門の面々は「ビビンバ=비빔밥」を、「ナムルと肉、卵などが盛り合わせになった料理」と理解した模様。
で、上品に(?)ご飯と、「ビビンバ」を別々の皿に分けて提供したのでしょう。
でも、「비빔밥」は日本語で言えば「混ぜご飯」。ご飯と具が別盛りでは、理屈に合わない。

いや、商品開発部門の皆さんはその辺はわかっていながら、あえて日本人に食べ易いようにこのような形で提供されたのかもしれない。

けど、ぼくが入ったのはコリアンタウンとも称される大久保通り沿いの支店。

店頭の写真は、たしか具の皿に卵を落としたものだけをクローズアップしていた。
ぼくが勘違いしたくらいだから、店の前を行き来する多くの韓国人諸氏があの写真を見れば、丼か石鍋を上から撮った、その下にご飯が隠れている状態と見誤るはず。

あれを注文して目が点になった客は、ぜったいぼくが最初ではないだろうと自信をもっていえる。

でもこの店、丼物はご飯大盛りで数十円値段が高くなるのに、定食だとセルフサービスで、店内中央にある炊飯器からご飯のお代わりがし放題。
結局、増量中の具にあわせて二回もお代りをして、すっかり満腹になれたんだから、この「変なビビンバ」は結果としてはなかなかのヒット。

それにひきかえ、こないだ行ったキムカツときたら、高いばかりで...(以下自粛)
(2005.8.6 20:10追記)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。