FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
初めてで、久しぶりの
玉川高島屋S・C内のスープカレー店、ベジーヤに行ってきた。
7月半ばに新開店したというこの支店への訪問は初となるが、早稲田にある第一号店には昨年中に訪問済み、というのが表題の意味。

意外に広いレストラン街の立派さに驚かされつつ、開店直前に店舗前に到着。
まだ入れないので周りをうろつくと、カレーうどんの専門店「古奈屋」の支店が斜め向かいにあるのを発見した。
ここは数多くのカレーサイトなどで取り上げられている店。
情報源は不明ながら、近くスープカレーの専門店まで出すといううわさも聞く店だが、それは横においても、うどん屋さんが一メニューとして用意しているカレーうどんとは一線を画す出来栄えの食べ物らしい。

「近いうちに機会があったら寄らせてもらいます」と思いつつ、開店早々のベジーヤのほうに足を向けた。

満面の笑みの中に、若干の初々しさの残る店員さんたちに迎えられて席に着き、メニューをしばし眺めた。

期間限定メニューもあるらしいが、今日はチキンを食べたかったのでパス。
ちょっと贅沢目に「チキンベジタブルスープカレー」1180円+7辛100円を注文した。
ご飯はランチタイムのサービスで無料で頼める大盛りにしてもらう。

料理が出てくる間、朝礼とも打ち合わせともつかない感じで従業員同士が話しあっている様子がとぎれとぎれに聞こえる。

「...ライスとカレーは左右どちらにおいたほうがいいんでしょうか...」
「特に決まってはいないけど...、臨機応変に...、お客さんが左利きなら...」

会話がずいぶん前向きではないですか。

チキンベジタブルスープカレーと五穀米しばらくして品物が出てきた。

ご飯は五穀米だったが、早稲田の店でもそうだったろうか。普通の白米だったような気がするのだが。
あと「大盛」という割にはそう多くもないかな。

なかなかきれいな具の彩りや盛り付けは以前の記憶通り。
実際食べても、調理の具合もよくなかなかおいしい。

もうひとつ思い出したのはスープの具合。
こげ茶色のスープはかなりあっさりした味。独特の風味はクローブが強いのかもしれない。
「らっきょ」系と思って食べると、トマトの「効き」が少し控えめな気がする。
今回初めて注文した7辛も、メニューに謳われているほど極端な辛さではなかった。

初訪問の早稲田店での、混雑の中での大雑把な接客とは大違いだったことだけでも今日は評価が甘くなってしまうが、スープに限っては、決してまずいとはいわないが、今日も初体験時同様、いまひとつ印象に残らない味と感じてしまった。

でも、また寄らせてもらいます。
つぎは「古奈屋」かもしれないけど、その次あたりには。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。