FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
土用丑の日でもカレー
集めていた「スープカレーを出す店」の blog の訪問記などの情報を、携帯サイト用に整理しなおす作業を最近したことをきっかけに、その中でも興味をひかれたある店に昨日足を伸ばしてみた。

訪問記にあった情報を手がかりにして見つけた住所は、携帯サイトに EZナビウォークのリンクとして仕込んであったが、この店に限っては電話番号を元に見つかる店の名前が複数あったりして、今ひとつ確度に疑問あり。

吉柳、店頭置き看板しかし、設定してあった目的地の位置は正確だったようで、ナビの仰せに従って移動すると、拍子抜けするほどあっけなく到着。







正午少し手前に入ったこの店、吉柳には先客はまだ数名。

吉柳、ランチメニュー注文を受けてくれた店員さんはきさくな女の子で、スープカレーを注文したことをきっかけに、「スープカレー、召し上がったことがあるんですか」「下北沢に札幌からきた専門店があるんですよね」などとしばし雑談。
この話し振りから、単に粘度の低いカレーを無理やり「スープカレー」と名づけた料理が出てくることはなさそう、と期待は高まる。

奥の厨房で調理中にも、カウンター席から見えるトレーの上には付け合せの小鉢やご飯(ひとつを選べず、四種類のご飯を少しづつ盛ってもらった)の皿が並んでいく。
最後に奥からカレーが出てきて、全品そろったところで目前に配膳。
吉柳、スープカレーランチ若干小ぶりの器ながら、なみなみと注がれたスープの量は十分。
一緒についてくる小鉢などを加えれば、かなりしっかりした量だ。

食べ終わってから注文もできることに気づいたので、今回食べたものは辛さ控えめの味。
にもかかわらず汗がじわりと出てきたのは、スパイスの配合の妙か。
おそらく鶏でとっているスープは適度に酸味が効いていて、散らされたバジルは視覚的にも「スープカレー」感がある。
たまねぎ、赤、黄のパプリカ、茄子、鶏肉は、一つ一つは小ぶりだが、ごろごろとたくさん入っていて十分な量。

これで写真にはないチャイもついてきて 950円。
文句なしです。
ぼくのあとから入ってきた常連風の5人連れのお客さんは、4人がスープカレーのランチを注文していたけど、然もありなん、というところ。

ちなみに、ランチタイムが11時半から夕方6時まで(!)。それ以降もそのまま休憩なしに翌朝8時まで、と一日20時間余は営業しているのだそう。「土日は夜の6時(だったかな)から、朝5時までなんですけどね」と店員さんは言っていたが、それでもよその居酒屋よりよっぽど長い。
東京では、松屋を除けば(...)一番スープカレーが食べられる時間帯が長い店であることは間違いない?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。