FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
21世紀も
中学校の授業で、1900年代は英語では上二桁と下二桁に分けて読むと習った。
1999年なら、19,99(nineteen,ninety-nine)となる。

2000年代に突入してどうなるのかと思っていたが、その当時、テレビの二か国語ニュースを見ると最初の年はそのまま素直に “two thousand” と言っていた。

翌年以降も二桁-二桁の分割はせず、例えば今年なら “two thousand five”。
これをずっと耳にして、下二桁が十未満だからなのか、2000年代はずっとこのように普通に四桁の数字として読むことになるのか、ちょっと心の片隅で気になっていた。

それを解決してくれたのが今日のニュース。
「2012年夏季オリンピック開催地は...ロンドン!」との選挙結果の発表の場面をみると、はっきり20,12(twenty,twelve)と言っていた。
(もちろん数字以外の部分も英語で言っていた。..念のため)

かくして中学校での学習の成果は、21世紀も無事生かされることを確認。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。