FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
田園都市線ツアー
空梅雨真っ盛りの中、東急田園都市線沿いで気になっていた二つの飲食店をはしごした。

一軒目は「コメダ珈琲店」の横浜江田店。
噂を聞いた頃はまだ当地に今より縁があったのに行けずじまい。
二年越しでようやく訪問が実現した。

二軒目はタイカレーの店「イムイエム」。
たまたまオーナー氏がブログで店を紹介しているのを見て、機会があれば訪ねたいと思っていた店。
こちらは三ヶ月あまりで訪問が実現できた。

「コメダ珈琲店」は名古屋の喫茶店チェーン。
有名な「名古屋式の喫茶店サービス」が関東で味わえる、ということで開店当初には雑誌でも取り上げられていたが、それももう多分二年は前のこと。
いまでは関東圏でもすでに数店舗展開している。

「名古屋式のサービス」とは、飲み物を頼むと一緒にしっかりした食事がついてくるモーニングサービスと、独特のメニュー、そして喫茶店と呼ぶのがはばかれるほど充実した食事メニューの三本立てのこと。

しかし僕が気になっていたのは専らモーニングサービス。
だから、午前11時までに行かないと間に合わないということが宵っ張りには高いハードルだったため、気にはなっても訪問が実現しなかった。

やっと訪問が叶った今日。
飲物は無難にブレンドコーヒーを注文。
「モーニングセットはお付けしますか」と訊かれたので、もちろん「はい」と返事をした。断る人はどれくらいいるのだろうか。

「モーニングセット」の正体は、ゆで卵と4㎝厚のトーストした食パンが半分に切られた一片に、バターがあらかじめ塗られたものだった。

コーヒー360円也という喫茶店としては良心的な価格で、これだけおまけがつけば確かに大サービスだ。
でも、値段と量の兼ね合いだけでいえば「朝マック」は、わずかに20円高い380円で、腹へのたまり具合は確実に勝るものが食べられる。
それを考えると感動も中くらいなりというところ。

また近くに立ち寄る機会があれば、今度は「小倉トースト」あたりを朝11時にこだわらないで食べに行ってみよう。


さて、今日の真打は「イムイエム」。
住所を見てあらましの場所はわかっていたが、最寄り駅は当初予想していた鷺沼でも宮前平でもなく、たまプラーザだとEZナビウォークが教えてくれた。

江田からたまプラーザまで電車移動。そこからはナビされて2km弱の道のりを歩いたが、景色が単調な上にきつい坂が間にあって、散歩としては趣きに欠ける。

しかし、そんな苦労の末に食べることのできたカレーに、かいた汗は報われた。

カレーは三種。
辛いのを、となると「RED & YELLOW カレー」らしいのだが、タイのカレーとなるとココナッツミルクの入った「グリーンカレー」も食べておきたいところ。
だめもとで「ハーフサイズのカレーを二種類、という頼み方はできますか」と訊ねてみた。

初来店の客の無謀な注文で当惑させてしまったようだが、店員さん、というより奥様と目されるその女性は、オーナー氏としばし相談。
「ちょうど手が空いている時間帯だから」と、特別に作ってもらえることになった。
ただし、骨付き肉が入る「RED & YELLOW カレー」のハーフサイズは無理なので、代わりに「レッドカレー」。そして「グリーンカレー」も。

「グリーンカレーにはナンプラーをたらすと風味が増しておいしい」「辛いのが好きなら唐辛子(卓上のナンプラー漬(?)のプリッキーヌ)をご飯のほうにかけて食べるといい」との指南を受けて、食事開始。

少し甘過ぎて飽きることが多いのがグリーンカレーなのだが、ここのは控えめで好みに合う味だった。
それをオーナー氏に伝えると、やはりその辺は意識しているとのこと。「うちで出す通常サイズ位の量のグリーンカレーを、よその甘い味付けで作られたら、僕なら最後まで食べきれないかも」とも。

具の野菜もよかった。店によっては大量に作るせいか、煮込まれすぎて歯ごたえがなくなり、色合いも鮮やかさがなくなるものだが、ここのは火の通り加減がいい塩梅だった。

次回は、「RED & YELLOW カレー」と再びの「グリーンカレー」のどちらかを普通サイズ、もう片方をハーフサイズで頼んでみよう。

帰路は、徒歩1分の停留所からバスに乗り溝口駅まで移動。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。