FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
若干の反感を抱えながらの訪問
久しぶりの新店開拓を昨日果たした。
場所は五反田。駅にも程近い「金子咖哩かれー王国」なる店。

ここのオーナー氏の手になる blog は、カレー関連のキーワードで RSS リーダーが見つけてきたのをきっかけに、ちょっと前から時折読んでいた。
その俺様な文体にときに驚きながらも、それがこの blog の味なのだろうと思いつつ読ませてもらっていたのだが、さすがにある日の記事を見ていささかむっ、と。

曰く「新メニューの『かれー王のスープカレー』を注文した客が居たが、なんと『かれー「玉」』と読み間違えた。店名も『かれー王国』と謳っているというのに、なぜそんな間違いかたができるのか」というもの。

せっかく訪れてくれた客を笑いものにするこの記事に正直いい気分はしなかった。
ふらっと入ってきた一見の客に、あらかじめ入店前に看板に書いてある店の名前をしっかり覚えてから入ってこいとでも?
人のミスを指摘しておきながら、同じ記事の中で、今年は「トリビアの泉」効果か、巷間かなり減った"Merry X'mas" という誤記を未だにしているし。


本当なら、どんな扱いをされるかわからないこの店への訪問はできれば遠慮したいところ。
しかし、ここのスープカレーはなかなかの出来映え、という評判も聞く。
避けているわけにもいかないかな、と足を伸ばしてみることに。
[若干の反感を抱えながらの訪問]の続きを読む
スポンサーサイト
最近行った店Ⅱ - そして食べなかったスープカレー
中旬までまったく投稿しなかった今月のこの blog。

これはまずい、と内容のうす~い初投稿をしてからさらに約二週間。
月末にして二回目の投稿です。

この間の私的カレー生活は以下のとおり。
しょっちゅうお世話になる店は別にして、初めてもしくは久しぶりに行った店の話を何軒分か。

●和民(居酒屋チェーン)
和民、「北海道フェア」期間限定メニュー

「冬の特撰メニュー」と名づけられた季節限定メニューの、さらにまた一月末まで限定という「北海道フェア」というメニューがあったので眺めてみたら、やっぱりあった「スープカレー」。
正確には、「札幌スープカレーチャーハン」。

居酒屋は飲むことより食べることが目的の半分以上をしめるぼく。しかし、この日は先に炭水化物系をしっかり注文した後だったので試食は断念。
チェーン店の中では割と料理もしっかりしている店なので、期間中にまた行く機会があれば、ためらわず注文してみようと思う。

●オーカルカッタ
渋谷センター街の店舗に突入。
何年ぶりの訪問になるんだろう、と考えてしまうほど久しぶり。
手軽な食べ放題の店だけど、決してまずくはないと思うこの店。
久しぶりに行ったこの日も、マイルドな味付けが多少物足りないもののそれなりに楽しめた。

ただ、いつものように二回おかわり = 計三皿食べると、腹が爆発しそうに膨れてしまった。
最近大食いとは縁がなかったせいか。

相変わらず、欧米系の客が二、三割を占める客の構成。
こんなに有名なのは、"Tokyo Classified" 効果?
それとも、"Lonely Planet" の日本編にでも乗ってるのだろうか。
「オーカルカッタ」の不思議な事務室入口


これは、店内の事務室入り口のドア。
クリック/拡大しても見にくいと思うが、「非難はしご/Private Room」と日本語と英語で書いてある。
「『非難』はしごって何?火事の際、他の客を押しのけてここに殺到する輩を戒めてるのか」と、思ったが、従業員の出入りする様子を見て、はしごなどなさそうなことに気づいた。
真実を語っているのは英語のみ。ここでは日本人客はないがしろにされるのか。

●ベジーヤ下北沢店
今月開店したばかりの店。
二人がけテーブル11卓に、店内中央の一人客用のテーブルは六席分。クリスマスイブの夕方はさすがに客は数組だけだった。

クリスマスといえば鶏の足。
定番のチキンカレーを注文した。

二子玉川店に行ったとき同様ご飯は大盛りに。やはり、それほど多くは感じなかった。小ぶりな皿に盛られる視覚的要素も原因のひとつか。
スープは、他店で食べた「トマトではない強い酸味」が今回も強く感じられた。カルダモン?
いずれにしても「らっきょ」系ではやはりないような。

あと気になったのは全店喫煙可らしいこと。
といって、空いている店内の端に座るぼくが、反対側の席の煙にむせたくらいだから、分煙はそもそも難しそうではあるのだが。
いっそのこと全面禁煙ではだめなのだろうか。

注文の受付から給仕、最後の会計まで、しっかりした応対の店員さんに対応してもらい、最後に割引券つきのスタンプカードをもらって店を出た。


さて、今年も残りわずか。
でも、何日かは残っている。
この記事が、今年のカレー行脚の記録の締めくくりではちょっと寂しい。
できればあと一皿でもいいから納得の味を見つけて、その記事でこの blog を飾れるといいのだけど...。
最近行った店
11月は怒涛の投稿ラッシュだったにもかかわらず(あくまでも、ぼく的には)、その反動か今月は、三分の一を経過して未だ投稿なし。

もちろん、スープカレーは食べてます。

Tokyo Soup Curry(歌舞伎町)では、初めてランチを経験。
大盛り無料サービスということで、大きいナンと半サイズのライスの組み合わせで食べてみたら、満腹以上のボリューム。
臨席の韓国人の女子留学生の三人組も「量が多い」と驚いていた(もちろん韓国語で)。
キムチが有料だったり、食べ物の盛りが控えめだったり、辛いものがなかったり...、と、おそらく日本での外食生活ではいつも苦労なさっていることと思いますが、ここに限っては文句なかったでしょ?

マジスパ下北沢店では、店中に聞きなれた声が響いていた。
声の主は札幌店の店員さん。
あとで挨拶したら、(店の)タイ旅行から戻ってきたばかりとか。
彼女が切り盛りをしている間は、下北沢店の店員さんたちが交代で旅行中なのだろう。
そういえば、立て板に水の標準語で接客しながらも関西の人とわかる男子店員さんも札幌の店の人?
この人のしゃべり方、誰かに似ていると思ったら、どことなく "HG" だった。


一方行きはぐれ/食べはぐれもいくつか。

大戸屋は何回か行く機会があったが、なぜかスープカレーを注文する気にはまったくなれず。

今日は横浜方面に用事があったので、そのまま「らっきょ」にいくとか、東横線で渋谷に戻る途中で、「Syukur」「KARMA」という手もあったのに、なぜか横浜駅の駅ビル地下でお好み焼き。

ほかにも、情報だけはある未訪店の最寄駅を通過する電車に乗りながら、下車にはいたらなかったことも何度かあった。

そういえば、投稿が途切れる前の11月中にも「行ってみたけど品切れ」、とか「提供時間外」なんて、情けないレポートが続いていたっけ。
...いかん、いかん。

その代わり、でもないけれど、最近印象に残ったカレー以外の食べ物をいくつか。


●屯ちん 歌舞伎町店
「屯ちん」ラーメン中盛り

初訪問は今月初め。
深夜というより未明にたまたま見つけて、酒の締めという、最高に不健康な形で食べてみたのだがなかなかおいしかった。

今度はしっかりと味わおうと、数日後、遅い晩飯の時間帯に行ってみたらものすごい混みよう。
でも、順番待ちの客に的確に段取りをつけてくれる店員さんたちの動きがきびきびしていて逆に好印象だった。

大、中、並盛りが同価格のこの店。
写真の「ラーメン」は、初回訪問のときの「中盛り」だと思う。
600円也。


●ザッツバーガーカフェ中野ツタヤ横店
「ザッツバーガーカフェ」スパイシーバーガー、ジャンボ

東京で佐世保バーガーを出しているのはここだけともいう店に行ってきた。
最近「佐世保バーガー」はよく聞く言葉だから、すでに追随する店もいくつかあるかもしれないが。

食べてみたのは、スパイシーバーガー。
数ある具のほとんどが網羅されているのはその名も「佐世保バーガー」というメニューらしいけど、そこはそれ、辛さにはしってしまった。

ジャンボサイズは 945円。
ぼくの手のひらくらいの大きさはあって確かに大きいけど、事前の予想ほどではなかった。
注文のとき何も聞かないでレギュラーサイズを頼んでいたら、きっとがっかりしたかもしれない。

野菜も新鮮、パテもしっかり。悪くはないんだけど、もう少し迫力がほしかったし、禁煙席のない店内もつらかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。