2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
限定メニューは伊達じゃない
ランチ限定というスープカレーを目当てに六本木、「GOLDEN BURNING」にいってみた。

六本木交差点から芋洗坂を下りきるとぶつかる大通りはなんて名前だったか。
その通り沿い、対面にテレビ朝日を臨むところにある店に到着したのは14時過ぎ。
一日十食限定というスープカレーこと「カリ・アヤム」も、この時間だともしかして売り切れ?、と少々心配しながらカウンター席に着席。
しかし、左隣と、右の三人向こうのお客さんが今まさに目当てのメニューを食べているところ。

(これは間に合ったな)と内心ほっ..。
しかし傍らにやってきた店員さんに注文すると、「今日はもう売り切れです」とのつれない返答。

代わりに注文した「味付け玉子添え魯肉飯」もなかなかよかった。
今日は逃した目的のメニューも、これなら期待はできそう。


おそらく、テレビ局にヒルズの IT 系企業に働く人たちあたりがランチタイムのお得意さんらしい。
14時でも盛況だったのは、12時~13時にきっちり昼休みというわけではなさそうなお得意さんの事情によるのかも。

でも、よくいえばきびきび、でも笑顔のない流れ作業的な接客は、正直ちょっと居心地が..。
スポンサーサイト
原宿二店体制
以前、「SHANTi」に一緒に行った知人から午前中に急な連絡があり、「今日、また行かないか」の誘いに乗って、昼過ぎに原宿で合流。
ところが店の前まで行ったら閉まっていた。

月曜休みをすっかり失念。

これは参った、と思ったが、原宿にはスープカレーの店がもう一軒あることを思い出し、急遽目的地を変更、「心」原宿店へ向かった。

(つづきはのちほど)
[原宿二店体制]の続きを読む
なんならトリトンも連れてきませんか
たまたま見かけた blog で、ピカンティがフランチャイズ展開をする、という話を目にした。

道新の記事によると、手始めは札幌市内ながら、来年には首都圏にも..、とのこと。

なんでも運営を任せるのは、「回転寿司チェーン『トリトン』を展開する北一食品の子会社」である、ガルーツという会社だそう(ややこしい)。

ちなみに、ピカンティのサイトは現在工事中。
自動的に飛ぶヴォイジュのサイトにはこの件は未掲載。
北一食品のサイトでも言及はなく、「ガルーツ」のサイトは見つけられなかった。

ぼくの勝手な先入観かもしれないが、ピカンティのフランチャイズ展開、というのは予想外。
おいしい店が都内に増えてくれればうれしいけど、拙速にならずにそのままの雰囲気を持ってきてほしい。
(うわさの「待ち時間の長さ」までは再現してくれなくてもいいけど)
オリエンタルテーブルアマ

「オリエンタルテーブルアマ」入口住所:東京都渋谷区代々木1-32-12 パリスビル3F
電話番号:03-3374-3599
営業時間:無休 11:30-14:30(ランチタイム/月-土)
                      17:00-23:00(lo.22:30)
URL:
訪問記:
備考:
代々木駅より徒歩数十秒。交番の前の雑居ビル内の店。
ネパール、インドを中心としたアジア各国の料理が食べられる。
メモ:
情報不足のままランチタイムに店を訪ねたところ、夜しか食べられないスープカレーを食べはぐれた。
訪問記も未投稿。

この店を再訪するか、五反田にあるという支店を訪ねて試してみたい。
晴之日

「晴之日」店舗外観住所:東京都渋谷区渋谷3-6-18 第4矢木ビル1階
電話番号:03-3406-4606
営業時間:無休 11:30-22:00
URL:
訪問記:1
備考:
最寄り駅は渋谷駅。
渋谷警察署そばのカウンターのみのカレー専門店。
メモ:
何種類ものカレーを、自由に選べる多数のトッピングで自分なりにアレンジして食べられる店。
昼どきにはサラリーマンでにぎわいそう。

スープカレーも扱っているが、提供開始が14時からなのは、あわただしい時間帯には作るにも食べるにも手間がかかってしまうことを嫌ってのことかもしれない。

一回のみの訪問時には、壁に貼られたメニューを見逃してスープカレーは食べられなかった。
近日中に再訪したい。
メゾフォルテ

「メゾフォルテ」店頭看板住所:東京都新宿区新宿2-14-16 タラクビル2F
電話番号:03-3352-2511
営業時間:土日休 11:30-16:00
URL:
訪問記:1
備考:
最寄り駅は新宿御苑前駅。
新宿駅を起点にすると、新宿通りを四谷方向に新宿厚生年金会館まで行き、南側に入ったあたりになる。
メモ:
夜はゲイバーとして営業しているらしい店が、平日の昼だけやっているスープカレー専門店。
昼間に界隈を歩いた限りでは、近隣に飲食店なども見当たらない静かな住宅地だった。
雑居ビルに入ったスナックが兼業している店という雰囲気。
Syukur

「Syukur」店舗住所:川崎市中原区小杉町3-15-13
電話番号:044-711-0154
営業時間:不定休 11:30-15:00,17:30-22:00
URL:
訪問記:1
備考:
最寄り駅は武蔵小杉駅。中原警察署そばの店。
メモ:
訪問記にあるとおり、残念ながら最初の印象は芳しくなかった。

ただ、訪問した9月の下旬という時期が、新規開店から約半月を経過し、料理の改良に着手した試行錯誤の最中という時期だったことをある方に教えていただいた。

機会があれば近日中に再訪したい。
TOKYO SOUP CURRY 歌舞伎町style

Tokyo Soup Curry 歌舞伎町店住所:新宿区歌舞伎町1-23-14 第1メトロビル1F
電話番号:03-3200-5556
営業時間:無休 11:00-22:00
URL:店舗サイト
訪問記:1,2,3
備考:
最寄りの駅は西武新宿駅。
高田馬場店に次ぐ二店目の店舗。
メモ:
高田馬場のこじんまりした店は、個人が開業したものかと思っていたが、多様な外食チェーンを運営する企業が手がける店だとあとから知った。

その系列の二軒目の店舗というが、店の雰囲気はかなり違う。
高田馬場店は、スープカレーではないインドカレーも扱っていたのに対し、この新店舗はあくまでもスープカレーの専門店。
メニューや、辛さの指定方法なども異なる。

高田馬場店を訪問してからかなり時間がたっているので、現在では両店舗とも共通のメニューである可能性もあるが、未確認。

店舗サイトや、ホットペッパーのサイトには閉店が 23:00 とあるが、グルメぴあの紹介では 22:00 となっている。
店の前を通りがかっても、22時過ぎにはいつも closed の札が出ているので、ここでは後者を採った。
ヤマダモンゴル 祖師ヶ谷大蔵店

住所:世田谷区祖師谷1-11-6高橋ビル1F
電話番号:03-5429-2641
営業時間:無休 17:00-0:00
URL:店舗サイト
訪問記:1
備考:
札幌に本拠を置く、複数ブランド、業態の外食チェーンを運営する企業が手がけるジンギスカン専門店の支店。
メモ:
ライバルも多いだろう地元札幌では4店舗に留まる展開も、関東では20店舗を優に越す支店があるらしい。

贔屓目を差し引いて冷静に見ると、今が旬の北海道発の料理の一番手はスープカレーよりもやはりジンギスカンなのかもしれない。
ガラムマサラ 祖師谷店

ガラムマサラ、看板住所:世田谷区祖師谷3-34-10 アオキビル2F
電話番号:03-3483-5187
営業時間:水休 11:30-22:00(14:30-17:30は喫茶のみ)
URL:店舗サイト
訪問記:1,2
備考:
祖師ヶ谷大蔵駅そばの、スープカレーとハーブティーの専門店。
経堂にあるインド料理店の支店。
メモ:
札幌式のスープカレーではないが、インド式の普通のカレーをそのまま「スープカレーです」と出しているのではない工夫を感じる。

それぞれのカレーにつけられた思い入れたっぷりの名前が面白い。
リトルスプーン 渋谷センター街店

住所:東京都渋谷区宇田川町21-7 不二ビル
電話番号:03-5456-0220
営業時間:無休 24時間営業
URL:店舗サイト
訪問記:1
備考:
札幌に本拠のあるカレー店チェーン。
メモ:
札幌「出身」のカレー店だけあって、スープカレーも常設メニューだが、いわゆる「普通の」カレーの安さが目を引く。
北海道と関東では価格設定が違っていて、もちろん後者の方が高いのだが、それでも気軽に利用できる店。

なぜか渋谷に集中的に展開しているようで、現在三店舗。
土風炉 西新宿一丁目店

土風炉、店頭住所: 新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル B2
電話番号:03-5381-0111
営業時間:無休 平日11:30-14:00(ランチタイム),16:30-23:00
                  土日祝11:30-16:30(ランチタイム),16:30-22:30
                           (土は23:00まで)
URL:店舗サイト
訪問記:1
備考:
関東、東北にチェーン展開している居酒屋の支店。
昼もランチタイム専用のメニューで営業している。
メモ:
訪問記を書いた8月には、ランチタイム限定でスープカレーを食べることができた。
現在、店舗サイトを参照してもメニュー紹介にその名前を見つけることはできない。
系列の他店舗で、現在もランチタイムにスープカレーがあるという話も聞くが未確認。
yellow company

yellowcompany、店舗外観住所:東京都渋谷区東3-14-19 オークビル1F
電話番号:03-5485-2723
営業時間:無休 平日11:30-15:00(ランチタイム),17:00-22:00
                     土曜11:30-22:00
                     日曜11:30-21:00
URL:店舗サイト
訪問記:1
備考:
最寄り駅である恵比寿駅前の繁華街からは少し離れた、明治通り沿いの店。
メモ:
ガラス張りの路地に面した外装、白を基調とした内装が印象に残る店構え。
札幌にある「ランブータン」の姉妹店、とのことだが、系列、ではなく「姉妹」ということで、供されるスープカレーが同じレシピかどうかは不明。
ちなみに「ランブータン」は、店舗サイトを見る限り、ランチタイムはスープカレー専門ながら、ディナーは多国籍料理店の趣。
美美壺壺

美美壺壺店頭住所:神奈川県横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜店6F
電話番号:045-453-6651
営業時間:無休 11:00-22:00
URL:店舗サイト
訪問記:1
備考:
「シウマイ」で有名な、崎陽軒直営のレストラン。
横浜駅そばのルミネ内にある店。
メモ:
崎陽軒というと、デパートやスーパーで購入できる惣菜、弁当のイメージが強いが、横浜を中心に各種のレストランも営んでいるよう。
ここもそのひとつで「中国壺料理」の店と銘打っている。

スープカレーメニューは、訪問記を載せた夏ごろ、新メニューとして登場したようだが、季節メニューで終わることなく今も継続して提供しているらしい。
ベジーヤ 玉川高島屋S・C店

ベジーヤ二子玉川SC店外観住所: 東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川高島屋S.C.南館9F
電話番号:03-3707-6110
営業時間:無休 11:00-23:00(lo.22:00)
URL:店舗サイト
訪問記:1
備考:
二子玉川駅そばのショッピングセンター内。
ダスキン系列のスープカレー専門店の第二号店。
メモ:
一号店である早稲田店には、この blog を始める前の昨年に訪問済みだが、ここは、学生でにぎわう雰囲気とは一味違う落ち着いた感じの店だった。
吉柳

吉柳、店頭置き看板住所:東京都東京都港区麻布十番1-9-9柴崎ビル2F
電話番号:03-3585-2760
営業時間:無休 11:30-翌朝8:00(月-金)
                      18:00-翌朝5:00(土,日)
URL:
訪問記:1
備考:
麻布十番駅そば。
一日20時間半営業の店。
メモ:
昼はランチメニューの揃った食堂、夜は酒を飲みながらのんびりできる、こじんまりした居酒屋の風情。
恵比寿に店名、経営を同じくする店があるらしいが、いわゆるチェーン店とは違う、手作りの雰囲気の店。
マサラ

住所:東京都世田谷区船橋1-7-3
電話番号:03-3427-8783
営業時間:無休 11:00-22:30
URL:
訪問記:1
備考:
千歳船橋のインド料理店。
メモ:
住宅街にあるこじんまりした店ながら、メニューが比較的豊富。
各種グルメサイトを見ても、近隣の住人ばかりにとどまらないファンがいるよう。
休日、営業時間帯などは、各サイトで内容が異なっているが、おそらく現在は上記のとおりの無休、昼夜通し営業の形態だったはず。
暫定公開中
スープカレーに初めて出会ってから何年経つだろう。

久しぶりの帰省の折、浦島太郎状態のぼくのために観光ガイドの役回りを買って出てくれた札幌の友人に、一日三軒も連れ回されたのが初体験だった。

その後は、初体験の感動の分だけ、東京に戻ってからは食べたくても食べられない渇望感に悩まされることに。
好意には感謝すべきだとは思いつつ、「変なものを覚えさせられた」と、一時はその友人を恨んだ...といったら大げさだけど、とにかく当時の東京近辺は今では考えられないほどのスープカレー不毛の地であったことは事実。
[暫定公開中]の続きを読む
気まぐれカレー
マジスパ下北沢店に、開店直前に到着。

平日、昼前にして結構な混みよう。
一番乗りどころではなかった。
[気まぐれカレー]の続きを読む
時すでに遅し
最近渋谷づいている。

ということで、昨日訪問したのは渋谷警察署そばの「晴之日」。

スープカレーもあるカレー専門店だったはず、ということ以外の情報が記憶にほとんどない状態で到着。
[時すでに遅し]の続きを読む
告白
とんでもなく馬鹿なことをやっていた。
しかも、いままで約4か月間ずっと気づかないまま、何度も繰り返して。

ここに投稿する記事に添付する画像は、最初のころはデジカメで撮影したものに、トリミングや画素数の変更、色補正など手を加えていた。
それが、撮った写真をそのまま放り込むだけになってきたのが、この7月頃から。

それのどこが問題かというと、画像に埋め込まれた EXIF 情報が残っていること。
カメラの機種から撮影時刻、撮影条件にいたるまで諸々の詳細情報をさらしていたことになる。

別に、ほとんどの撮影で携帯のカメラを使っていることなどは秘密でもなんでもないが、自動補正でいつも正確な内蔵時計を基に、撮影時刻の情報が書き込まれるのは精神衛生上よくない。

「今日は、少し遅い昼食を食べた」と書いた横の料理の画像に埋め込まれた情報が「撮影時刻:14:27:36」となっていても人は気にしないだろうが、本人としてはそこまで細かく行動記録を発表する気はない。
たとえばもう一枚、食後のコーヒーの写真の横に空の食器が写った画像があって、「撮影時刻:14:32:10」となっていたら、ぼくは早飯喰らいぶりを自ら世界中に告白したことになる。

もし「ここは誰にも教えたくない隠れ家的レストラン」とか書きながら、GPS情報を埋め込んでいたのを忘れて料理の接写写真を公開してたらこれ以上滑稽なことはない。
...さすがにそこまではしていなかったが。


それに気がついた今日、アップロード済みの画像から EXIF 情報などをすべて抜き取る作業を敢行。
「文化の日に、文明に振り回されるわが身を発見?」とか思いながら。

ともあれ、無事作業完了したので、恥を忍んで告白した次第。


ちなみに、画像を加工していたころは、使っているソフトウェアが EXIF 情報を勝手に取り去っていたけど、最近使い始めた Picasa は、画像にどんな効果をかけようと、トリミングしようと、加工後のファイルに EXIF データを引き継いでくれてしまう。

こちらをお使いの方々はご注意のほどを。

これを機に、よそ様の blog の画像をいくつか確認してみたけど、こんな初歩的ミスを犯しているのは決してぼくばかりじゃなかったから。
気がついたこと
下北沢、「カレー食堂 心」にて昼食を。
[気がついたこと]の続きを読む
渋谷で食い倒れ?
今日は久しぶりに渋谷の街にいる。

なぜか朝早くから、渋谷の個人事務所(「漫画喫茶」ともいう)の個室の中でひっそりと作業をしていたぼく。
遅い朝食とちょっと早い昼食のために、午前11時を目前に外へ出た。

目的地は、シブヤ西武地下の「オリジナル スープカリー B&Bキッチン」。

事前に調べたところによると、ここは都内にいくつもの店舗を見かけるベーグル専門店の系列店なのだとか。
もともとはそのベーグル専門店の一支店だったのに、なぜかスープカレーも扱い始めてもう一年は経つらしい。
その途中「B&Bキッチン」と店名が変わり、業態もスープ「カリー」専門店になった。
...のだそう。
[渋谷で食い倒れ?]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。