FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
通常メニュー化?期間延長?
九月最終日、金曜日の夕方。
下北沢の街でさて何を食べようかと思案。

ちょっとご無沙汰のマジスパとも思ったが、この時間では行列の公算が大と思うと、ちょっと尻込み。
それでも試しに店に電話をかけてみると「いまなら待たずに入れますよ」とのこと。聞いてみるもんだ。

「待ち時間なし」はうそではなかったが、禁煙席に限っては満席。
喫煙席でもよければ、と訊ねられたが、ぼく以外に待機の客は居なかったので、そう待たずに座れるだろう、と禁煙席を待つことに。

待っている間、店内の掲示をなんとなく読んでみた。
東京の物産展には参加しなくなったこの店だが、今秋も大阪、名古屋、仙台など、他の都市の催しには積極的に出店を出すようで、その告知も貼り出されていた。
そこで目を引いたのは「物産展出展中も、札幌店、下北沢店とも休業せず」とさりげなく書かれていたくだり。
ということは、三つの厨房を同時に回す態勢をすでに整えたということになる。
大阪とも、名古屋ともうわさされる三店目の出店はもう近い?

もうひとつ気になった掲示は、こないだ食べそびれた「チンギスハーン」ことラムカレーが、「二周年記念祭『限定』」から「二周年記念」と添え書きの内容を変えて、もうしばらくは食べられるメニューになったらしいこと。

禁煙席が空いて、さて注文。
当然注文はラムカレー。
ほかのメニューよりは準備が少ないようで、ぼくが注文した時点で残りは二、三食程度だったらしい。
それに店員さんの勧めにしたがって「かぼてん」=かぼちゃのてんぷら、なるトッピングを追加。

さて、感想は。
厚切りで大きめとはいえ、ブロックではなくスライス状のもの2片というのはちょっと残念。
煮込みの程度はよく、硬さは適度で、羊肉独特の風味も程よく感じられて悪くはないのだが、分量的に満足感に欠けるものだった。
値段が1250円と他のメニューと比べるとかなりいい値段なのだから、もう少し奮発してほしいところ。

下味は軽くつけている程度のようで、スープの味を変えるようなことはなく、今日は特に「虚空200本」をしっかり実感。

ぼくの中のラムカレーの一番は、去年 Voyage で食べたものだったのだが、マジスパでもその思いを覆してはくれなかった。
一部には不評のあのカレー皿の真ん中の「まな板」で、何個入っているのだろうというほどの数のブロック状のラム肉を切り分けて食べたあの絶妙な歯ごたえと味。
また、すぐにでも札幌に行って食べてみたくなった。


ところで、この1250円也という値段、「スペシャルシーフード」とどちらが高いのだろうと気になって確かめようとしたのだが、メニューにはこのカレーの名前が見当たらない。
昔から、通常メニューの一覧の中には掲示されていなかったっけ。それとも、いつのまにか終了になった?
スポンサーサイト