2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
混乱の味
現在、武蔵小杉駅そばの漫画喫茶にて、PC と顔をつき合わせているところ。

つい一時間前に、当駅そばに最近できたというスープカレーの店に入ってみた。

「スープは及第点」「『豚角煮』は不出来」「スープはトマトの酸味が利いた『心』系統か」などのうわさを念頭に訪問。


[混乱の味]の続きを読む
スポンサーサイト
数百m単位の引越し
京王百貨店「大北海道店」催事場入口どうして東京のデパートの北海道関連の物産展は、どこも「『大』北海道展」なのかなぁ、と思いつつ、新宿京王百貨店で開催中の「大...」に足を運んだ。

もちろんお目当てはカレーの出店。

どこか札幌からスープカレー店がやってきている、ということだけは覚えていたものの、どの店なのかはわからないまま催事場に到着した。

「南家」出店店頭ぼくを出迎えてくれた店は「南家」。

なんだ、先週新宿高島屋に来ていた出店に行きそびれたこと、残念がる必要なかったんだ、と内心苦笑。

祭日の11時を優に回った時刻にもかかわらず、待ち時間はなく、すぐ入れた。もちろん、店内の席は八割方埋まってはいて、そこそこ繁盛中ではあった。

先日の Picante 同様、限定メニューでの営業。辛さの注文もできない。
それでも二つあるメニューのうち、チキンスープカレーを選び、食券を購入。

席に座って周りを見渡すと、マジスパや Picante のときとは違い、壁や卓上には、料理の解説や、食べ方の指南などの貼り紙、チラシといった情報の類は一切なし。
なにか潔ささえ感じつつ待つことしばし、注文の品が出てきた。

「チキンスープカレー」ん?

スープそのもののうまみはわかるものの、スパイスが伝わってこない。
これが店側が考える万人向けの辛さ?

でも、スパイスって辛さばかりでなく香りを含めた風味だと思うのだけど、それも含めてほとんど伝わってこない。

具のほうはといえば、チキンは可もなく不可もないといった味。むしろキャベツを筆頭にした野菜類が「スープカレーはごろごろ野菜だ」とこだわっていないながらも、分量、火の通しが程よく、悪くはないと思った。

いずれにしても今回の料理では、この店がどんなスパイスの調合具合で楽しませてくれるところなのかはまったくわからなかった。

印象に残ったのは、ご飯の大盛りがかなりたっぷりだったことと、その盛り付けのきれいさ。表には出てこない厨房の人たちの丁寧な仕事振りが想像できる。
一方、給仕、接客の店員諸氏は、百貨店側から出ているように見受けられたのだが、なかなか感じのいい接客ぶりであることが好印象だった。

おいしかったような、物足りなかったような、不思議な気分。
いずれにしても、スープカレーを食べた、という気にはなれないまま店をあとにした。
東京からタイへ
前回からあまり日も空けず、Tokyo Soup Curry の歌舞伎町店(「歌舞伎町 style」が正式名称?)を昨日再訪した。
ここは、こと立地に関してはかなり恵まれた店であることは、ほとんどの人にとって異存がなさそう。
昨日のぼくもその便利さに誘われて、何気なく入ってしまったくちだ。

前回は、本店で初めて食べた「大江戸スープカレー」から、「東京スープカレー」(店名ではなくベースのスープの名前です)に乗り換える「時間旅行(?)」をしてみたが、今回試したのは「トムヤムスープカレー」ということで、さしずめ「海外旅行」といったところ。
(なんて与太書いてるけど、実際は「東京スープカレー」ってどのへんが「東京」なのか不明。かなりインドしてるのでは)

具は再びチキン。
辛さは、前回同様の「鬼辛」こと5辛に、「デビルホットセット」なるものを追加注文。
(やはり、店舗サイトとは異なり、メニューを見ると辛さの段階は10ではなく5辛まで。「デビル...」も店舗メニューの価格は、サイトの案内の半額の100円。要するに、メニュー構成が固まる前の仮データでサイトを作っちゃったということか)

「トムヤムスープカレー」チキン出てきたカレーはこんな感じ。
「東京...」と比べると赤みが強く、粘度は明らかにスープカレーと呼べるもの。

今回は卵がスープよりもあとに盛り付けられたようで、白身と黄身が判別できる状態で鎮座していた。

トムヤム風のスープカレーなのかどうかと考えると、はて、と悩んでしまうが、それはきっとぼくがトムヤムスープというと、香草や袋茸などの香りや歯ごたえも込みのものを頭に浮かべるから。
酸味のあるスープにスパイスが効いている味は悪くないと思う。
ここのチキンは前回も思ったが、やはりぼく好みの味だった。

しかし辛さについては、「鬼辛」+「デビルホットセット」でも、やはり物足りなかった。
まさか、鬼と悪魔がお互いを打ち消しあったわけでもないんだろうけど。

ところで、昨日の訪問は昼過ぎ。
22時過ぎに偶然再び店の前を通りがかる機会があったが、すでに "closed" の札が出ていた。
日曜日のせいもあったのかもしれないが、23時閉店と信じて訪ねてみたら無駄足だったという可能性も今後あるかもしれないので要注意。
おとなの関係?
今夏はスープカレー、に限らずカレー全般がマスコミに取り上げられることが多いような気がする。
決して自分自身にとっての関心事であるための贔屓目ばかりではなさそうだ。

現在発売中の雑誌でも、「SPA」では「ポストスープカレーは」などという惹句つきでカレーが取り上げられている。

そして、これまた現在発売中の「おとなの週末」の特集記事は東京に於ける「スープカレー9大チェーン」の比較。

この雑誌は、店側におもねった提灯記事を廃すべく、取材対象とのタイアップはせず覆面取材を旨に作られている...、というイメージがあったのだが、今回の記事を見る限りでは、その辺に関していささか疑問を持たざるを得なかった。

味に関する評価がぼくの感想とは異なるのは、所詮個人の主観に関わる部分だから読み流せるとしても、料理の特徴や、接客の評価について、どうしても的を射ているとは思えない表現が散見されることに得心がいかず。

以下は、そんな疑問も含めたこの記事への感想なのだが、ぼくの読み方がうがちすぎなのだろうか。
(手元には雑誌がないので、記事の引用などには不正確な部分もある可能性も。明らかな読み違えなどがあれば訂正します)
「ガネー舎」は「東京で最初のスープカレー専門店」なんですか、「とんじ」ではなく。
ここでいう「東京」は23区限定で、国立は含めないということかな。
関東圏なら「らっきょ」もあるけど、どっちが古いんだろう。

「心」へのコメントで「レトルトを出したりしないでほしい」というのがあった。つまり「あちこち手を広げてレベルを落とすな」、すなわち「今の味、雰囲気がいい」という最大級の賛辞だ。
でも積極的な支店展開などが目立つここは、すでにスープカレー専門店の中ではもっとも野心的なチェーンと思える。
レトルトだけを「商売っ気」の有無の指標にするのはどうだろうか。

おなじく「心」についていえば、ぼくがここの弱点は従業員教育と思っていたことに反して、この記事では接客に関する評価がけっこう高いことにおどろいた。
ちなみに、この店はは前々月号でも単独で取り上げられているらしい。
ちょっと肩入れが過ぎる気がするのだが。

「ベジーヤ」のスープは、「粘度が高すぎてスープカレーとはいいがたい」というタイプだっただろうか。
最近もこの店には行っているのだが、そんなことはなかったのでは。

「TOKYO SOUP CURRY」の高田馬場店で、辛さ五段階のうちの上から二番目であまりの辛さに大変な目にあったそう。
歌舞伎町の新店とは全然違う印象なのだが、メニュー体系が違うのだろうか。

店舗によって辛さの注文が違いすぎる。
「SHANTi」では、メニュー上の最高値に40ボーガがあるのにたいし、注文は4ボーガ前後。
「マジックスパイス」では、中間の「涅槃」などを注文。
辛さの注文が勘所と思われるスープカレーなのに、こんな統一性のない注文で比較をしては公平な評価にはならないのでは。

「Spice Pierrot」はこの雑誌でも好意的な評価。
雑誌記事や商用のグルメサイトの評価以外の、利害関係がない blog 記事などでも、けっこう好意的な評価が聞かれるこの店。
初訪問の際にあまり満足できなかったぼくは、もう一度行って試してみたほうがいいのだろうか。
ただ、札幌の一号店は閉店したようで、現在は「札幌に本店があるスープカレー店」とはいえなくなってしまったよう。
江戸より東京へ帰還
BLDY(すかいらーく系のファミレス)ですら、スープカレーをメニューに加わえる昨今、新宿は歌舞伎町にもスープカレー店「TOKYO SOUP CURRY 歌舞伎町style」が誕生ということで様子を見に行ってきた。

...なんて、二日前の訪問を今更書き込む罰の悪さを、大層な書き出しでごまかしているだけだということは気が付く人は気が付くはずなので、それは先に自分で認めておきます。
[江戸より東京へ帰還]の続きを読む
ラムカレー終了&新宿カレー店巡り計画
昨12日、マジスパ下北沢店に、夕方の開店に合わせて訪問。

気になっていたラムカレー「チンギスハーン」は、この日も壁に貼られたメニュー紹介のポスターの上に、「SOLD OUT」のシールが重ねて貼ってあった。
店員さんに確認するとあくまでも「二周年記念限定メニュー」とのことで、すでに販売終了であることを確認。
ポスターは、もうしばらく店内ディスプレイとして壁面を賑わせてから、そのうちひっそりと剥がされるのだろう。

そういえば、以前貼ってあった「幻の豆腐(?)」のポスターもいつの間にか見かけなくなった。

改めてメニュー選び。
久しぶりにアクエリアスを注文しようと思ったが、売り切れ。

カレーやトッピングの類は営業中でも随時仕込み直してメニュー復活となるこの店なのだが、アクエリアスだけは朝の開店前に準備してあった分がなくなるとその日は終わりなのだろうか。


話は変わるが、今は新宿の某漫画喫茶で作業中(の手を休めて blog 書き込み中)。

うわさでは新宿高島屋で今日までやっている「カレーフェスティバル」に、「南家」が出展中らしい。
また、高田馬場にある「TOKYO SOUP CURRY」の支店も歌舞伎町内に最近開店したとか。

せっかく新宿にいるから、どちらかにいってみたいところ。
...いっそのこと両方行ってみる?

「TOKYO SOUP CURRY」は高田馬場の店に行ってみたときも、近所の「ベジーヤ」とはしごした店でもあることだし、今日もその乗りで行ってもいいかな?(理屈にもなっていないような)
[ラムカレー終了&新宿カレー店巡り計画]の続きを読む
禁煙考
幸い収束に向かったようだが、札幌のスープカレー店でも屈指の有名店で、先月早々、客と店員の間でトラブルがあったらしく、その件で店舗サイトの掲示板が軽く荒れていた。


要するに
食事中に煙草で辛い思いをした客が、近くの店員に店を禁煙にするよう提案したがまともに取り合われなかった。
会計を済ませた帰りがけに、「健康増進法」を根拠に、禁煙、分煙等の対策を要求する内容の申し入れ書を店長に渡したが、申し入れ書を手にした店員に店外まで追いかけられた上、「二度と来るな」などの罵声とともに申し入れ書を破って路上に捨てられた。

というのがあらましの内容らしい。
[禁煙考]の続きを読む
世田谷は広い
夕方居合わせた千歳烏山で突然の雨に遭遇。
傘なしでも駅に駆け込むことはできそうだったが、濡れるの嫌さに本屋で雨宿り。

ところが小一時間待っても雨は衰えるどころか、ますます勢いを増すばかり。
結局、結構濡れて駅へ。

この災難を「災い転じて..」と生かすべく、マジックスパイスに向かったのだが...

続きは後ほど
[世田谷は広い]の続きを読む
笑っていいとも!超速報(?)
番組冒頭のコーナー「彼氏が彼女に着替えたら」で、女装でこれから出てくる彼氏を紹介する彼女の胸にぶら下がるものにタモリが注目。

「これなに」
「携帯用灰皿です。彼氏のために...」
「えらいね~」

その後彼女が出した紹介フリップに書かれた彼の年齢は18才。...え?!

しかし誰も突っ込まず。

気づかない?
敢えて?

ポイ捨てを気にする前に、もっと基本的な法律を気にしようよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。