2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
もしもし近田晴夫氏?
今発売中の「週刊文春」に近田晴夫氏が連載している音楽批評のコラムで、CKBの「タイガー&ドラゴン」が激賞(は大げさか)されていた。

でも近田氏、この曲を新曲と勘違いしているご様子。

確かにドラマの主題歌として最近よく聞くけど、曲自体は数年前に発表されたものなんですが...。

プロの音楽関係者にしてこの認識だから、カラオケで CKB の歌が増えないんだ...

(いま手元に雑誌が無いので、読み違えているようでしたらこの記事はお詫びして訂正します)
スポンサーサイト
トプカ跡地に
昨日経堂をうろうろしていて、駅隣接のビル地下の飲食店街で去年まで営業していた「トプカ」が閉店して以来、ずっと空いていたスペースに新しいカレー店が入っているのをみつけた。

なぜかこの店、夜になるとおつまみなどを提供して居酒屋状態になるという「業態」が「トプカ」と同じ。
「カレーキッチン&酒菜 晴る屋」という店舗名からも営業方針が分かる。

どうやらここは、下北沢のスズナリ内にある「るちゃ」と何らかの関係があるらしい。
「メキシコ風るちゃカレー」という、そのままの名前のものをはじめ、他のカレーメニューも同店のものと共通しているよう。

るちゃカレーとパキスタン風カレーの「二種盛り」を頼んで見たが、うーん、今ひとつ印象に残らない味。
飲食店街入り口で見つけたドリンク無料券を渡したのに飲み物が出てこなかったことで、肝心のカレーから気がそがれてしまったせいだろうか。

機会があれば再訪してみます。
いつになるかわからないけど...。
びっくり
マジスパ下北沢店の店長さんと「なみ平」さんがご結婚なさったらしい。
お二人のお友達の blog をさっきたまたま見つけてびっくり。

とはいえ以前 2ch かどこかで(^^;;、お二人が交際されているという話を見かけたことはあったので、結婚自体へのびっくりの度合いは中くらい。

それよりも、考えてみると16日もついさっきも下北沢店に行ってなみ平さんの顔を見かけているのですが。

17日が結婚式ということは、定休日に札幌に里帰りして、昨日から休暇もとらずに仕事を再開?!
...ちょっとかわいそう

オーナー、少しは二人に休みをあげてもよろしいのでは
再び故障...
二か月前、電源周りがいかれたノート機がまた故障した。
今度は、電源を投入してもPCが起動しないというトラブル。

原因は外部メモリがおしゃかになったせいではないかとにらんでいる。
それならメモリだけ新しいものと取り替えればすむのだが、たちが悪い故障だと、原因の部分だけ取り替えればすむデスクトップとは異なり、色々な部品が一体化して不可分になっているノート機の特性からして、修理にはばか高い金がかかる可能性も大いにある。

せっかくうちには二台も PC が転がっているのに、このノート機一台の中に大切なデータを何もかも放り込んでいだせいで、先だっての故障では難儀したのに...。
喉元すぎればなんとやらで、リスク分散の手を打たなかったためにわずか二か月後にまた同じような苦労をすることになるとは。
池袋店開店?
テレビでソフトバンク-巨人戦を観戦しながら、スワローズの対楽天戦の経過をインターネットでチェック。
2-4の劣勢にやきもきしながら、飯を食べに出かけることに。

下北沢。
目当ての店は「」。
今日はなにも起こらないだろうか、と半ばスリルを楽しむような気持ちで入店。

店は大盛況。
当然カウンター席に誘導された。

注文はキャベツとベーコンのカレーにチキントッピング。辛さ100番。
夜でも頼める「ランチセット」-サラダと飲み物のセット-も注文。

今日はサラダが注文後早速出てきた。
幸先のいい滑り出しだ。

しばらくしてカレーも出てくる。
トッピング、辛さとも間違いない。
よしよし。

食べながら厨房を見ると、いつもの若いスタッフよりはふた周りくらい年かさの男性が切り盛りしている。
オーナーなのかな。
なるほど、店がピリッとしているのも道理...。

と、おもいきや。
僕の席の目前に見えるレジで会計をする二人連れにオーナー(?)が、「トッピングの間違い、ご迷惑をおかけしました」と謝っている。
もちろん、ミスは彼がしたとも思えない。
つまり、スタッフの緊張感はオーナー視察の今日ですらいつもと同レベルで、同じようにミスを繰り返しているのだろう。

カレーを半分くらい食べ進んだところで、一足先に食事を済ませた隣席の二人組が煙草を吸い始めた。つらい。
やっぱりカウンターくらいは禁煙にしようよ。

食べ終えたところで、「ランチセット」のアイスティーがすかさず出てきた。
...まではよかったが、その店員さんが食べ終わった皿を取り上げた瞬間、出されたばかりのアイスティーと衝突。
ぐらっとゆれたゴブレットが持ちこたえてくれて、一面アイスティーの海...、とはならなかったのは単に幸運としかいいようがない。

そのアイスティーを飲んでいると、カウンター席の逆側で「ちょっと待って」と大きな声を出す女性客が。
「いいのよメニューなんて。もう注文は決めているんだから」と店員の背中にむかって言葉を続けている。
彼女は、さっきまで満席のため待機席でメニューを渡されていた人。
やっとカウンター席に通されて、水を持ってきた店員さんに、既に決めていた品物を注文しようとしたのに、店員さんは卓上にメニューが無いことだけに気を取られて、お客さんと目を合わせないからそんなことになる。

帰りがけの会計の際、ぴったりの金額を支払うと、ありがとうございますと女性店員さんは挨拶をしてはくれるが、レシートはくれない。
逆に怪訝そうな顔で僕を見るから、レシートをくださいと告げた。

帰宅して再度インターネットに接続。スワローズが連勝ストップのまさにその瞬間の実況に出くわした。

「心」のサイトへ。
5/21に池袋店が新規開店とか。
となると、さっきの年かさの男性スタッフはやはり開店準備で東京に来ているオーナー開氏か。

でも、「店主からのメッセージ」に掲載された写真を見ると、さっき見かけた男性よりは若い感じ。顔も違うかな。
髪型のせいか、別人なのか...。

それはともかく、東京進出も順風満帆の様子だが、おせっかいながら多店舗展開に際してはもう少し足固めが必要な気がする。
特にスタッフ教育などは少し考える余地があるのでは。
1300万円馬券
が大井競馬で出たそうな。

「報道ステーション」でこのニュースが紹介されていた。
感想を聞かれたコメンテータの天野祐吉氏が「(悔しいからこの馬券を当てた人を)『うらやましい』とは思わないようにする。たった100円しか買わないのではなく、1000円分買っていれば一億三千万円当てることができたのに、それをしなかった不運な人だと思いたい」と冗談めかして言い、古館氏がそれにうなずいて見せて次のニュースへ。

??
この人たち競馬のしくみ、知らないのかな。
このレースの当たり馬券は一枚だけ。当てた人は、このレースの賞金を総取りしたわけだから、何枚買っても手取りは変わらないのだが...
「頑張れパリーグ」ではあるのだが...
浮き沈みの激しい我がスワローズ。
四月終盤の連勝で五割復帰の後、それを吐き出す連敗。再び借金を背負ったものの交流戦で息を吹き返しての四連勝で何とか再び五割復帰。
パリーグ各チームの皆さんには、スワローズ戦だけは遠慮していただいて、他の試合では実力発揮で勝ち星を稼いでいただくと大変ありがたいもの。

とはいえ、今テレビでやっている西武-巨人戦は見ていてあまりにも情けない。
目下最下位とは云え、リーグの仲間の巨人があと二人でノーヒットノーラン負けの危機とは。

もし今年のパリーグ覇者が西武になろうものなら、日本シリーズで対戦する我がスワローズは巨人に自信をつけてもらった西口にてこずることになるかもしれない。
...なんて気が早すぎるか。

それにしても巨人の不振は、ちょっと目を覆いたくなるばかり。
*----
意地を見せたのは、今年序盤冷や飯を食わされていた清水とは。
やれやれ。
(追記 2005.5.13 20:25)
松屋で食事
気がついてみると一週間近く更新をさぼっていた。

堅実に欠かさず日々の出来事を書いている blog ではないので、カテゴリを立てているカレーか、韓国関連がらみの話題がなければそうなるのも当たり前、ともいえるが。

だけど、この一週間といえば GW ど真ん中。
なのに気が向けばここでも書く日々の小ねたの投稿さえせずの長期の空白。
誰が見ても、さぞかしつまらない長期休暇を過ごしたのだとばれてしまいそう。

...ではなくて、今週は月曜から金曜までびっしりプライベートで人と会い続けた。
会社勤めではないため、普段の生活の中では電車に乗るのも、人に会うのも週に二回か多くて三度の生活をしている自分にとって、今週は人酔いしそうなほどの一週間。
しかも、仕事がらみとは違い、事務所に腰をすえて数時間で用件終了...ではなく、顔を合わせたみんなしてあっちへうろうろ、こっちへうろうろ。楽しいけど、結構疲れる。

さすがに昨日していた約束は、今週二度目となる友達ということもありキャンセル。
一日空けてこれから今日も友達と会うが、あまり歩き回らないでゆっくりひとところに落ち着いて飯でも食べる流れになるといいのだが。

とはいえ、再訪の店ばかりなので特に書くことはないものの、もちろんこの休み中もカレーは食べていました。
ひとつ記録しておくことがあるとすれば、また「心」で頼んだ料理の品出しにミスがあったこと。
でも、これはもう特に話題にする必要もないくらい当たり前のことという感じになってきた。

初体験もあった。
牛丼の松屋の店頭で新製品と紹介されていたので試してみた 580円也のスープカレー。
系列の「チキン亭」では試す間もなくすぐなくなったが、形を変えて登場ということで試してみた。が、意外にもそれほど悪くない。
値段相応ではあるものの具は量的にさみしいし、おしぼりもトイレ以外の手洗い場もない店でごはんの他にナンをつけてもらっても食べるのに苦労する、など、注文したいことは何点かあったが、カレー自体は結構好きな味だった。

明日からは通常の生活がまた戻る。
早く休みの疲れを癒して(?)、社会復帰しなくては。
*----
一度見かけた松屋のスープカレーだが、この記事を書いて以来他の店舗の前を通りがかっても一切店頭などで告知されているのを見かけなった。
一度は、食べる気もないのに店内に入ってまで券売機を確認したのだが販売している様子はなし。
てっきりデマ情報を流してしまったかと思ったが、手元に残る食券の半券でそうではなかったことを再確認。

あれはなんだったのかという疑問は今日見つけた シンジさん、アキヨさん、テルーさんの主催する(でいいのかな?)サイト、「カレーブ」の記事で解消。
どうやら、この間食べた上野の店はいわばアンテナショップの位置づけで先行販売をしていた模様。

でも、このあいだ580円で食べられたサラダ、冷製コーンスープにご飯とナンの両方が付いたセットはどうやら 690円に「値上げ」されるらしいのは残念。
(追記 2005.5.21 19:25)
連休の谷間にカレー
連休の谷間でも律儀に学校に行って来たらしい制服の学生たちが午後の商店街を歩いている。
きっと、授業も身が入らなかっただろうな。
親公認で欠席届け出して連休を満喫中のクラスメイトの、主の居ない机があちこちにある教室でまじめに勉強なんかできるか
…とぼくならきっと思う。

実は、某グルメサイトで眉に唾したくなるほどの高評価で埋め尽くされるインド料理店を昨日発見。
頻繁に訪れる街にほんとにそんな店があるのなら、知らずに居たことがなんとも悔しい。
早速、黄金週間の長期休業の懸念も意に介せず訪ねてみたのがこの千歳烏山の駅前通り。

街は普通の週日の賑わいで、目当ての店も、幸い普通に営業していた。

その店「パナス」は、店を賞賛するいくつものコメントで、入居するビルや同居のテナントの胡散くささが異口同音に指摘されている。

ところが行ってみると、同じビルの「胡散くさい」店は一度入ったことがある何の変哲もない韓国料理店。
となりのビルの飲み屋にはつい先週も行ったばかりだし。
皆さん、ちょっと大袈裟すぎませんか?

肝心の店の方は、廉価でありながら品数、量ともに充実しているという評判にうそはなかった。

ランチ - 主菜 ランチ - ナン


味のほうもなかなかだったのだが、実はインドカレー方面については正直、自分の基準をしっかりもっていないので、人によっては「東京屈指」とまで言っている評価が正しいかどうかまではわからず。
入るときに見た「インド、ネパールカレー」という看板で、辛い方面はさほどでもないだろうと入る前から予想はついたから、その点に関しては不満があったわけではないので念のため。

ただ場所柄もあって今後とも再訪の機会は多そうなので、時間をかけてメニューを制覇してみたい。

今回参ったのは、隣りのテーブルからの煙草の煙。
「喫煙者はいかに虐げられているか」の話題に熱が入って、食事が終わっても一向に席を立つ様子なく話を続ける間中煙草の火を絶やさない。

特に「禁煙」が明示されたところ以外はどこもかしこも喫煙可の日本で、喫煙者が虐げられているという発想が理解しがたい。
その「禁煙」の場所が増えてきたのがお気に召さないのだろうが、僕に言わせれば禁煙の場所を「昔はそんなことを言うやつはいなかった」とか言って自主的に喫煙解禁にしている「愛煙家」があふれているこの世の中。
喫煙者が「虐げられている」とは到底思えない。

そんなに煙草ってうまいですか?
*----
(画像追加 2005.5.4 6:20)
もう蛙?
イグザンプラー視聴の前に課されるアンケートでは、「すっかり春だなぁ」と感じる風物詩の候補として「カエルの声」が挙げられているが、東京の住宅地で蛙を見かけるのは難しそう。

...と思っていたら。

おたまじゃくし(俯瞰)








広めの庭の戸建の家が立ち並ぶ街の一角に何かが置いてある。

おたまじゃくし(メモ書き)



なにかのおすそ分けということらしいが、はたしてこれは...


おたまじゃくし(接写)
近づいて見ればおたまじゃくし。

ここの庭の中の池で卵から孵ったのだろうか。

これが全部蛙になったらさぞにぎやかなことだろう。
それは梅雨が始まるあたりか。

その頃にこの道を通りがかれば、庭の中から蛙の大合唱が聞けるかもしれないが。
いずれにしても、まだ少しかかりそう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。