FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
一口極辛
最近、辛いメニューを置いている店で軒並み物足りない思いをしている。
こっちの舌のせいかと思わないでもないが、もしかして店が客に日和って、同じ辛さ指定でも以前ほど辛くしなくなったのではと思わなくもない。

そこで簡単に味は変えないだろう、と思える店に行ってみることにした。

「大沢食堂」
ここなら辛さのレベルを落としたら旧来のファンから文句がきそう。きっと今も昔とかわらない辛さを提供し続けているに違いない。
一方で、食べられるかどうかおぼつかないと思った客には極辛の注文でも控え目の辛さのものが出てくるといううわさもあるが。

しかし前回が極辛初注文。
そのときには「食べられますか」と注文時に念押しされた。
もし、あのとき食べたものが「手抜き極辛」だったとすれば、今日も手加減されたとしても、前回並みの物は出してもらえることになる。

・・・・・・

オーナーの息子と思われる店員さんは、僕の注文を聞き返すことなく受けてくれた。
チリパウダーで真っ赤なカレーは、多分手を抜かない普通の極辛だったと思う。

出てきたカレーの最初の一口では、うっ、としびれる感覚がした。
食べ進めるうちに、鼻が弛み、汗がじわり。
しかし、だんだん慣れてくる。
かんでもゝゝゞゝもとまらないほどの鼻水ではないし、水も食べ終わってから一杯注ぎ足す程度しかほしくならなかった。
ごはんも少し余ってしまったほど。

やはり、これまで巡った店に責任はなさそう。
僕のほうが辛さに対して麻痺し始めているようだ。

そうはいっても、さすが大沢食堂の極辛カレー。いくらなんでも「辛くもなんともない」なんていったらやせ我慢。
でも、ここまでくるとやっぱり辛さが単純でバランスのいい味ではなくなっている。
僕が食べたいのは「辛くておいしいもの」。辛さだけを求めて家から遠いこの店に通うまでの気持ちにはならない。

今度行くとしたら、なかなかおいしいらしいほかの定食メニューを試すついでにカレーも、という感じで行きたい。

ところで、店内のホワイトボードに「一口極辛 100円」という見慣れないメニューが書かれていた。
どうやら、すっかり有名になった極辛カレーをちょっとだけ体験するというものよう。

「俺はそんな下手物をこれから食べようとしているわけ?」といささか鼻白んだ気分になっていると、店長の息子さんが隣のテーブルに「一口極辛です」と声をかけている。
見ると、学生サークル風ののグループの二人に一つ位づつ、小皿を並べ始めた。
あれで100円とはいい商売だ。

まもなく、「うわっ、なにこれ。食べれないよ~」と女の子。「うわ、汗が止まらない。他のもの食べても味がわかんねえよ」と男子学生。傍らで、別な男子学生が「いや、これなら普通に一皿食べられなくもないな」と自己アピール。

しばらくして出てきた自分の極辛カレー。
なぜか気恥ずかしい思いになって、大急ぎで食べて店を出てきた。
スポンサーサイト



カレー味の巨塊
代々木上原で電車を乗り換えるとき、昨年一度だけ行った恵比寿のスタンドバーの主人がこのあたりでも店を開いている、と言っていたことを思い出した。

正確には、もともとレストラン兼燻製肉の工場を開いていて、ワインから自家製のスモーク肉などの食事メニューまで、一杯、一皿をすべて500円で出す恵比寿のバーの方がレストランのノウハウを生かした余技らしい。

ワンコインのバーと比べたら、値段的にはかなり敷居の高い店なのだろうと想像はしながらも、途中下車に追加料金がかかる心配もなかったので、改札を通り、駅を出た。

井の頭通り沿いの看板その店は、駅近くを走る井の頭通りぞいですぐ見つかった。
遠くから見つけた店の看板に向かって歩いていくと、ランチメニューを知らせるこんな置き看板が。

「blogねたを探しに来たわけじゃないんだけど...。でもカレーがからむとなると書かないわけにもいかないな」などと余計なことを考えながら、店に入った。

壁に書かれた夜のメニューたちの価格を見て、ランチタイムでよかったとおもいながらカレーを注文。
朝飯抜きの今日(16日)最初の食事だったこともあり、大盛りを頼んでみた。

レタスのサラダや、浅く漬かった根菜類に続いて、主役が登場。
おぉ、肉の迫力がすごい。


豚150カレーという名前にもかかわらず、肉の量は100g以上であることしか保証されていないことにはあとから気づいたが、いや、これは150gあるんじゃないかなと思えるくらい。

量はともかく味は?
豚150カレー

...恐らく予めスモークされている肉は煮込みは必要最小限に抑えられているようで、スプーンを当てると繊維にそってほぐれる断面は燻製肉独特の色あい。
一口食べてみると肉のうまみととろける感触に納得。

でもカレーとしてはちょっと印象に欠ける気も。
スモーク肉のカレーソース煮込み、ライス付きプレート、という方が近いかな、と思えなくもない。
肉がカレーの具という脇役の域を超えているという肯定的な意味もこめて、カレーのほうにももうすこしがんばってほしい。

...とは半可通のざれごとでした。