FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
カレー視察に随行 - 2)エチオピア編
「うどん」で食事をしている最中から二軒目の相談。

事前に師匠がメールで挙げていた店のどれかに行こうかと提案。
ところが当人は、挙げた店名をはっきり覚えていないという。
次の行き先を決められないまま店を出た。

五反田駅に到着。
携帯で受信済みのメールを確認すると、師匠はラミヤータ、井津野屋、ガネー舎といったスープカレーの店のほかにトプカ、エチオピア、ナイルレストランといったところを挙げていた。


ラミヤータは、師匠の今回の本来の来京(上京と人は言うが)の目的地である大井町にある。明日、用事が済んでから行けばよいのではと、場所だけを伝えた。
井津野屋はすでに閉店との情報があるし、ガネー舎はとんじを挟んだアジャンタののれんわけ店ということで、東京にきてわざわざ札幌系の店に行くのは芸がないという彼女の言を受けて、候補から外した。
トプカは、ぼくが個人的に積極的な評価ができない店なので見送り。
ナイルレストランは訪問経験がないのだが、「ムルギカレー」を半強制的に勧められるというので、せっかく二人で行くなら別なメニューを食べ比べたいから却下。

消去法でエチオピアに向かった。


電車を乗り継ぎエチオピアに到着。しかし店を目前に彼女は逡巡。
人気店、評判の店がこんな風にこじんまりしているというのは札幌ではめずらしい。

もう少し早く21時前についていれば二階のテーブル席に着けたようだが、うどんに続いて一階のカウンター席では飯のあとに少し腰をすえて一杯、も確かに難しい。

だが、これからまた店探しをするには遅い時刻。疲れの色も残る師匠をまたあちこち歩かせたくもない。
「ま、とりあえず入ろうか」の彼女の決断にほっとした。

入り口付近にある券売機でチキンカレーの食券を買い、店員さんに辛さ50倍を頼んでトイレへ。
(かなり辛いものを出す店といううわさを聞いた気がして、上限の辛さは注文できなかった)

戻ってくると彼女は店員と相談中。
70倍まであるという辛さの目安を訊ねていたらしい。
結局20倍を注文していた。

食前に出てきたじゃがいもにも師匠の厳しいチェックが入る。
「ずいぶんやわらかいね。これは北海道のじゃがいもじゃないな」

一方で僕はじゃがいもについてきたバターが、未だボイコット中(自分では買わないという程度の話)の雪印のものはないかが気になった。

しばらくして師匠の野菜カレーと僕のチキンカレーはほぼ同時に出てきた。
20050502_2s.jpg師匠は「...ずいぶんクローブが効いてるね...」「...この味なら家でも出せるかな...」などと一人でなにやらつぶやいている。

「野菜カレーだけあって肉はひとかけらも入ってないね」というと「ソースに牛肉の繊維が見えるから、ほんとのベジタリアンだったらだめなんだろうね」と。


かたや僕のチキンカレーはというと、50倍の辛さは思ったほどでもなかった。
20050502_2s.jpgもしかしたら、「5倍」と誤って伝わったか。


師匠の言うとおり、クローブをはじめこれだけいろいろなスパイスが放り込まれたカレーだが、こと辛さに関してはおとなしい味だった。

今日はここでカレーは打ち止め。
御茶ノ水駅そばのプロントで軽く飲って、駅で別れた。
スポンサーサイト



カレー視察に随行 - 1)うどん編
心なしか街の人通りも少ないサッカーワールドカップ予選、日本対北朝鮮戦の夜。
札幌から所用でやってくるスープカレーの師匠格と、品川プリンスホテルで待ち合わせ。

羽田からやっと到着の彼女はチェックイン後、荷物を置きに部屋へ。
それを待つ間、候補のカレー店に営業を確認する電話を。
師匠の長い身支度で時間をもてあましたので、ついでにRaw Cafeにも電話をかけてみた

ロビーに師匠が戻ってきたところで、相談の結果行き先を五反田「うどん」に決定。
携帯に訊くと電車を利用するとうどんまで20分。徒歩なら21分と出たが、昼間中あわただしく仕事をこなして、滑り込みで飛行機に乗ったお疲れの彼女はタクシーをご指定。
ワンメーター到着のはずが、ドライバー氏が近辺の地理に明るくなかったせいか、結構な料金になった。

店につくなり、師匠はコロナビールを注文。
駆けつけ三杯ならぬ駆けつけ一本とばかりにうまそうにのどを潤している。

カレーが出てくるまでの待ち時間、「これ知ってる?」と、前日見つけた『スープカリーの匠』の写真を見せると、「何日も前に生協で見かけたよ」とあまり興味のない様子。札幌は実店舗はもちろん、レトルト、冷凍とインスタントのスープカレー関連商品も数多く出ているから、いちいち反応していられないというところらしい。
(関東近辺では郊外に行かないと見かけないが、ここでいう生協は会員に商品を配達する形態ではなく、スーパーマーケット形式の店舗のこと)

やっとカレーが出てきた。
師匠が頼んだのは「夜のかれー」にナスのトッピング。
「思ったよりかなりさらさらのタイプだね。あと、辛さの指定ができればいいんだけど」との注文もあったものの、結構高評価だった模様。
20050212_1s.jpgぼくは「季節の夜かれー」の大盛。今の季節の具は牡蠣。薬膳とバジルの二種類があるといわれたので後者を注文したが、以前はバジルのみだったような記憶も。

ここは、普通に頼むとソースポットに盛られたカレーが出てくるが、スープ大盛りにすると具の入っていないソースポットがもう一つついてくる。
この日初めて気づいたのだが、大盛り分のソースポットは具入りのものより一回り小さかった。

牡蠣は火のとおりが適度でおいしい。スープもおいしいのだが、今回はにんにくがかなり強烈に前面に出る味だった。

とりあえず一軒目の訪問は完了。
が、まだ「視察」は終わらない。
道すがら、次に行く店を考えつつ五反田駅へ向かった。
NHKさん腰が据わらないですね
NHKで14時から予定されていたラグビーの中継が、ラグビー協会が突然審判の胸にスポンサーの広告を入れることにしたのを理由に、深夜に録画で放送することになった、とニュースサイトや民放のニュース番組が伝えていた。

とは云え、山口百恵に「真っ赤なポルシェ」を「真っ赤な車」に言い換えさせたのも今や昔。
「オンエアバトル」では、芸人がCMのパロディーなどをやってもお咎めなしの最近の同局にしては、あまりにも柔軟性に欠ける対応。
しかもそのスポンサーが朝日新聞となると、ここのところの同社との騒動に絡んでの意趣返しとしか思えない。

ライブドアのニッポン放送株取得後、堀江社長出演の「平成教育2005予備校」の放送を休止すると決めたフジテレビも世の中的にはあんまりかっこよくないという評価だったと思うが、それを参考にしていたらこういう判断にならなかったのでは..と。

14時になったら、あれ、ラグビーやってるじゃない。

君子豹変?
でも、ばたばたし過ぎだよ。

深夜の放送はどうするのかな。
放送がないと思って、テレビ観戦をあきらめて外出したラグビーファンが、帰宅後夜中にテレビをつけたら「やっぱり生中継しましたので、この時間の録画放送は中止です」じゃねえ...。

あ、やっぱり深夜の放送はするんだ。さすがにそうだよね。