FC2ブログ
2005.1.22 開設/6.2 FC2 移転。きまぐれ管理人が、周期、内容ともそのときの気分で更新しております。
チキン亭に遭遇
20050501_1s.jpgこの間新宿をうろついていると、チキン亭という店の前に「鉄鍋カレー」の大きな看板が掲げられていて、「さくさくカツと温泉卵入りスープカレー」との惹句が添えられていた。

このチキン亭、松屋系列のチェーン店(とはいっても立ち上げ直後でまだ3店舗きり?)だと、後で調べて初めて知った。

鶏肉料理ばかり出す専門店なのかと思いきや、ここのサイトに行ってみるととんかつも出せば、納豆定食もありで、いささか看板に偽りといった風情も。

そのサイトにもまだ紹介されていない、この店の最新メニューがスープカレーということらしい。
(そういえばこれも鶏肉とは関係ないぞ)

・・・

チェーン店系ではココイチが数年前に期間限定でスープカレーを出していたのを思い出す。
まさに、スープカレー未体験者が名前だけ聞いて食べないうちから敬遠するような、あそこの普通のポークカレーをただ薄くしただけのような代物は実際食べるに堪えず、生まれて初めてカレーを完食できなかった痛恨の思い出がある。
今にして思えば、スープカレーが札幌以外に勢力をのばすことを阻むための深慮遠謀だったと、ココイチの意図が理解できるのだが(まさかね...++;)。

最近ではリトルスプーンでもスープカレーを出しているらしいが、そもそもこのチェーンは実店舗すら見たこともないなあ。

・・・

ちょっと気を引かれたこの新商品。よっぽど試してみようかと思ったが二度目の食べ残し事件を未然に防ぐべく、すんでのところで思いとどまった。
スポンサーサイト
おいしいカレー工房ひつじや
以前一度だけ行ったことがある店。

個人サイトでのレポートで、「おいしそうに食べていたら大喜びされて、お代わりは勧められるは、デザートもサービスで出てくるはの大盤振る舞いをしてもらった」という話を読んで以来、是非行こうと思っていた。
もちろん、味自体もなかなかのものだったという記述があったのも食指が動かされた理由。

ただし、日比谷には縁がなくて、その記事を見つけてから実際に行くまでには一年以上のブランクがあった。
結局、事前に期待を膨らませた割には特に印象に残る味でもなく、肝心の(?!)大サービスも受けなかったのでその一度きりになっている。

ただ、ここに行く前には、前述のサイトの評判だけでなく、店舗が持っていたサイトも訪問して「予習」もしてみた。
それによると、インド人の店主さんの奥さんは漫画家。
「ひつじや」の店名の由来は、自分の前にその店舗を借りていた前のレストランを居抜きで借りて、看板をそのまま借用したから...、などという「秘話」も披露されていたそのサイト(http://www.hitsuji-ya.com当時のurl)は、奥さんの手になるさすがの挿絵もちりばめられた、なかなか洗練されたものだった。

ところが、つい二週間前ふと思い出してブックマークに残っていたこの店のサイトの名前をクリックしてみたら、つながったのは羊毛の毛糸や小物を扱う店舗のサイト。
「あの店もつぶれたのか。....ドメインは売った?それとも、権利を更新しないで所有者が無くなったところで今のサイト主が改めて取得した?」など、どうでもいい疑問は頭を一瞬よぎっただけで消えていった。

...消えていきかけた...

なのに再び思い出すことに。

おいしいカレー店ばかり紹介されている、たあぼうさんの「お気に入りのカレー屋さん200」にこの店(毛糸屋さんじゃなくてカレー屋さんのほう^^v)が名を連ねていたのだ。
それも代々木の羊肉料理店「ひつじや」の姉妹店との紹介つきで。

むかし代々木をよくうろついていたころ、ドイツ料理を出していた店が突然羊肉料理店に変わっていたので驚かされたが、その店の名前が確か「ひつじや」だったような...、なんてことを思い出したが、姉妹店ってその店のことなんだろうか。
ということは、その昔何の料理かわからないが「ひつじや」という名前で日比谷シャンテに店を開いた初代オーナーが居て、そのオーナーの撤退後カレー屋を始めた漫画家夫妻が看板を代える費用を惜しんでそのままの店名でカレー店を開き、彼らも夢破れ撤退した後代々木の「ひつじや」が名前を受け継いで経営に乗り出したということ...?

三代の無関係なオーナーが、店名だけ引き継いで同じ場所で店を開いていた?

真相を確かめに、近いうちに再度偵察に行かねば。
イグザンプラー
http://colortelevision.net/exampler

テレバイダー亡きあと、鈴木タイムラーという新天地を見つけたと思いきや、下克上発生でアンカーの座を失った金剛地氏。
(デンセンマンとかもあったけど)

しかし、新たな舞台を得、アンカーの椅子を再奪取した模様。
一人舞台でも意外に座持ちしてる。
いいね~。